提案営業に移行したいと検討中の企業がまず確認すること

提案ができれば下請けではない商売ができるため企業にとっては仕組みをつくりたい

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

1/13は、SHマーケティング実践勉強会の開催日です。
今回の内容は『プロモーション計画が 立てられる!販促戦略セミナー』
中小企業が顧客拡大につなげるには、社外に発信していくこと。
それもスケジューリングし、計画的に進める意識が重要との思いで資料を作成しています。
お時間を作っていただき、ぜひご参加ください。
セミナー会員、クライアント様は無料です!!

ところでみなさま、提案書は作成していますか。
2月のセミナーも構築していますので、ご紹介させてください。
提案書のことなんですが、製造業や建築業、卸売業などBtoB企業が意外と活用していない、提案営業。
セミナーでは、提案営業を行うにあたり、避けては通れないステップを公開していきます。

関連記事;あなたの提案に仕掛けはありますか?提案営業の秘密

マーケティング及び、顧客データ活用が一般常識になっている今、営業と販売促進活動は別なモノとして考える企業が非常に増えています。
その中で営業=セールス、販売促進=マーケティングととらえたうえで、どちらにも重要なのが提案書です。
今すぐにでも、とは言わないまでも、長期的に提案書を作成し、提案営業を考えている企業様も多いのではないでしょうか。

提案ができれば下請けではない商売ができるため企業にとっては仕組みをつくりたい

しかしながら、
「提案といってもなぁ~」
「企画だろう?何から始めていいかわからない。」
「営業マンが理解していない、自社に落としこむのにこんなに壁があると思わなかった」
という声も問題点としてお聞きしています。
提案ができれば、下請けではない商売ができるため、企業にとっては仕組みをつくりたいところ。

関連記事;提案営業が楽しみになる!スタッフが動く売れる仕組み

そこで2月のセミナーでは、提案営業を検討している企業のための提案書をマーケティングとして活用始めるまでの手順と視点を整理しました。
提案はどのように作成しても、企業の製品やサービスとどのようにつながるのかが理解できれば、コツを抑えたのと同じです。
提案書作成を戦略的にとらえ、作成のPOINTを5つにまとめています。

2月のセミナーが貴社の提案書作成やプレゼンの参考になれば幸いです。

セミナーご案内は、1/13にセミナー内で、またこのブログでお知らせいたします。

*****************************************

小規模事業者持続化補助金

2021.01.13セミナー

サマンサハートでは、企業戦略構築時における製品力の課題での「見逃しな自社の強み」から
販売促進実践への進行のサポートをお届けしています。
サポート内容・戦略提案は複数、柔軟にご案内しております。
是非お気軽にお申込みくださいマセ。

固定費をかけるリスクなしでマーケッターを活用

関連記事

  1. 「できないかもしれない」というイメージを排除する

  2. より明確に新しい市場や新規顧客を見つけることができる

  3. 共感型イベントなら集客の方法が予測でき準備も万全なイベントを行うことができる

    イベント活動でツールを使うという考え方

  4. 「絶対ほしい企画」と「不要な企画」

  5. 商品力があるさらにそれに伴う技術力も新潟の企業は世界最高峰

    商品力で集客を成功させる時の問題点

  6. 仮説が企画の裏にあると、企画自体の流れ、特に何を調査するかが見え

    企画の基本的なコツを知り戦略立案をする

セミナー案内

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ