集客の結果を出すための必要な手順を『プロセス図』にしてみた

samanthaheart.event-marketing

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

※編集部より;2023年12月15日、最新情報を基に加筆修正しました。

集客の結果を出すためには、社員の動き方が重要です!
特に、受注を高めようとする意識があっての社員の動きです。
受注の動きとは、
・会社の認知が上がって見込み客が増えているか?
・見込み客が問い合わせをしているかどうか?
・顧客になってもらい製品の受注につながっているかどうか?
だと思っています。

関連記事;グラフ化から見える、社員に持って欲しいマーケティングの意識

そこで会社は、見込み客を獲得し、顧客増につながる活動とその考え方を、社員さんと共有するテーマや取り組むべきこととして確認する必要があります。
社員さんは、全体が見えていると会社の成果を上げていくことが自分の仕事として考えてくれるようになるからです。そのためには、集客活動をするだけで終わらず、その見込み客から顧客へとつながり利益を出す活動について社員さんと共有指定置くことが重要です。
そういった意味で、集客企画を作り一緒に活動をすることで一定以上の商談発生数(案件化数)を上げることは、会社にとって重要な課題となります。

samanthaheart.event-marketing

 

では、集客で結果を社員に出してもらうには、どうすれば良いのでしょうか。
集客活動はある法則を持って繰り返しの活動となります。
基本の「BtoB企業の集客から案件獲得までの基本プロセス図」をご活用いただけましたらありがたいです。

集客の結果を出すための必要な手順をプロセスにしてみた

サマンサハートは、企業イベントを推進しています。
その際にイベントを開催することが目的とならずに、イベント時にその場で成約がほとんどなかったとしても、繰り返しのWebでのアプローチアドを繰り返します。
この活動は、社員が営業マンではなかったとしても、見込み客を育てる活動を行うこととなり、受注へつながります。
顧客に育てるリードが大切となります。
このプロセス図は、その視点も含め作成しました。

関連記事;即実践!社員育成を実現するマーケティング活用の正攻法

図式で見ると単純ですが、実践するのは大変です。
なので属人化された営業が理解しているだけではなく、会社のマーケティング戦略を活用しながら顧客増の成果を出していくことになります。


オリジナルな自社の戦略を社員が立案できる勉強会なら、多くの事業を生み出すことができます。
その勉強会では、社員は同じ目的を持つことができ、戦略の事例や実際の企画書の事例を見ながら、自社の戦略を構築することができます。
マーケティングを動かせる社員研修を実施しませんか?

 

 

関連記事

  1. 今年展示会出展する企業必見!次の展示会出展までにやるべきミーティング手…

  2. 事業再構築補助金に取り組むとマーケティング力が上がる理由

  3. デジタルツールの活用がBtoB企業にも求められている

    新規商談に課題あり!?商談先を増やし、成約に繋げるためBtoB企業が取…

  4. samanthaheart.job-marketing

    BtoB企業の求人募集でのSNS活用と効果の視点

  5. samanthaheart.event-marketing

    会社イベントで、見込み客集客成功をきっかけに組織のイノベーションを!

  6. マーケティング活動ができていると見込み客のほうから問い合わせなどの行動してくれる

    セールス依存からBtoB企業が抜け出るという提案書の活用方法

≪受付中≫ 個別相談ですぐに解決!

今すぐ受講できる!無料WEBセミナー

無料メルマガ配信中

資料DownLoadまとめページ

マーケティング実践&活用お役だち資料まとめ【DownLoad】

月別アーカイブ