集客の結果を出すための必要な手順をプロセス図にしてみた

企業で共有される集客のテーマや取り組むべきこと

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

集客の結果を出すためには、社員の動き方が重要です。
特に、生産性を高めようとする意識があっての社員の動きです。
集客の生産性とは、集客した顧客が製品の受注につながっているかどうか
だと思っています。

関連記事;社長が集客をしなくてもいいプロジェクトマーケティング

企業で共有される集客のテーマや取り組むべきことは
利益を出すための考え方を共有することとなります。

前提条件として、企業が成果を上げていくためには、集客活動をするだけで終わらず
その見込み客から顧客へとつながり利益を出すことで集客が成功した、と言えます。
そういった意味で、集客活動をすることで一定以上の商談発生数(案件化数)を
上げることは、企業にとっては重要課題となってきています。

企業で共有される集客のテーマや取り組むべきこと

では、集客で結果を出すためにはどうすれば良いのでしょうか。
集客活動はある法則を持って繰り返しの活動となります。
基本の「BtoB企業の集客から案件獲得までの基本プロセス図」を
ご活用いただけましたらありがたいです。

集客の結果を出すための必要な手順をプロセスにしてみた

企業のイベントは集客したら、その場で成約がほとんどなく、
繰り返しのアプローチを行うので、顧客に育てるリードも大切です。
このプロセスは、その視点も含め作成しました。

関連記事;マーケティングプロセス、活用の秘訣

図式で見ると単純ですが、実践するのは大変です。
なので属人化された営業が理解しているだけではなく、
企業のマーケティングを活用しながら集客の成果を出していくことになります。

 

サマンサハートお問い合わせ電話メール

 

 

関連記事

  1. 製品やサービスごとに仕掛けていきたいターゲットを明確にする

    戦略の立案数が多い社内勉強会

  2. 働き方改革の3つのポイントに繋がるサービス

  3. 企画マーケティング塾の活用効果

  4. 企業から提案させる企画が明確であれば顧客から必然的に選ばれる

    事業企画までのスピードと実行

  5. マーケティングはデジタルの世界でも活用され漏洩にならず業務として使用するために進化

    売上アップに貢献するSNSマーケティング、乗り越えるカギはここにあった…

  6. BtoB企業の場合リピーター対応と新規顧客対応の両輪を回していく

    展示会後のアフターフォローはこれが最強

セミナー案内

 

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ