集客の結果を出すための必要な手順をプロセス図にしてみた

企業で共有される集客のテーマや取り組むべきこと

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

集客の結果を出すためには、社員の動き方が重要です。
特に、生産性を高めようとする意識があっての社員の動きです。
集客の生産性とは、集客した顧客が製品の受注につながっているかどうか
だと思っています。

関連記事;社長が集客をしなくてもいいプロジェクトマーケティング

企業で共有される集客のテーマや取り組むべきことは
利益を出すための考え方を共有することとなります。

前提条件として、企業が成果を上げていくためには、集客活動をするだけで終わらず
その見込み客から顧客へとつながり利益を出すことで集客が成功した、と言えます。
そういった意味で、集客活動をすることで一定以上の商談発生数(案件化数)を
上げることは、企業にとっては重要課題となってきています。

企業で共有される集客のテーマや取り組むべきこと

では、集客で結果を出すためにはどうすれば良いのでしょうか。
集客活動はある法則を持って繰り返しの活動となります。
基本の「BtoB企業の集客から案件獲得までの基本プロセス図」を
ご活用いただけましたらありがたいです。

集客の結果を出すための必要な手順をプロセスにしてみた

企業のイベントは集客したら、その場で成約がほとんどなく、
繰り返しのアプローチを行うので、顧客に育てるリードも大切です。
このプロセスは、その視点も含め作成しました。

関連記事;マーケティングプロセス、活用の秘訣

図式で見ると単純ですが、実践するのは大変です。
なので属人化された営業が理解しているだけではなく、
企業のマーケティングを活用しながら集客の成果を出していくことになります。

 

サマンサハートお問い合わせ電話メール

 

 

関連記事

  1. 「顧客体験」を構築していくことで企業にはたくさんのメリットがあります

    顧客に変化をもたらす、企業にとって重要な「接触」の場面とは

  2. 以前にトップページの役割について考えたことがありました

    顧客がホームページのトップを見て分かるかどうか

  3. 集客のお悩みを解決するのはマーケティングを活用して実践すること

    知らない人は損してるなあと思うマーケティングの使い方

  4. 毎月の顧客に向けての活動を見直し、1年間の計画を立ててみる

    顧客の求めるものが大きく変化している今、来年取り組むこと

  5. オンライン工場見学会とは?導入から受注へとつなげる方法

  6. 生活者の「生の声」を聞く!マーケティングリサーチ・解析活用の3つのメリ…

無料メルマガ配信中

資料DownLoadまとめページ

マーケティング実践&活用お役だち資料まとめ【DownLoad】

月別アーカイブ