オンライン展示会で使える動画はこれだ

企業が顧客を獲得する際に体験してもらう工場見学会を動画にしていく

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。


【出張講座】展示会・オンライン展示会出展を戦略的に行うための講座、開催中

「本当に取引したい顧客だけほしい」
「成果に繋がる面談がが多くほしい」
そこで、オンライン展示会に目を向けた企業が増えてきています。
さらに「自社のオンライン環境ができているか」に視点を向けている企業が増えています。

そんな時、何から手を付けるか・・・
いま、企業は動画から手を付けています。
展示会でも事前準備として動画が重要です!!
動画といえばyoutubeですね。
ところで、BtoB企業の場合は一般消費者も見たくなるような動画配信をする必要があるのでしょうか。
また、オンライン展示会とどのような関係があるのでしょうか。

実は、動画の世界も大きく変化してきています。
大勢が見てくれる動画から、理解してくれる人だけが見る動画へと変化しています。
なので、一般消費者にもわかりやすいとか、視聴率の上がる動画を配信するなどを
テーマとした動画配信はBtoB企業に必要ないともいえるのです。
オンライン展示会に目を向けた企業の、「取引したい顧客だけを獲得する」テーマを持っているように、
動画のテーマも「取引したい顧客だけを獲得する」ためのオンライン用のツールとなります。

では、取引したい顧客だけを獲得できるBtoB企業の動画とはどんな動画なのでしょうか。

それは、“体験”です。
現在のマーケティングで重視される「体験」、それは動画の場合も重要なのです。
そこで振り返ってみると、企業が体験を使ったマーケティング活動は、いままで工場見学会でした。

あ!モノづくり体験会もありますね。
ですが、今回のターゲットは、顧客であり、BtoB企業を獲得する話ですので、
一般消費者に認知してもらうまた認知を拡大するモノづくり体験会は目的が認知なので別な体験となります。
ここでお話を進めていきたい体験とは、見込み客となるBtoB企業を獲得するための動画に関するお話です。

少し話はずれましたが、企業が顧客を獲得する際に体験してもらう、工場見学会を動画にしていきます。

企業が顧客を獲得する際に体験してもらう工場見学会を動画にしていく

考えられるのは、現在の工場見学会と同じ流れで動画を配信するコトですね。
ですが、工場見学会では、工場内を進んでいく際に顧客の様子を見ながら心理をとらえた
コミュニケーションができ上がっていきます。
これが、リアルな工場見学のメリットです。

ですが、動画の場合、一定の流れで配信すると顧客は情報を収集できますが企業側のメリットが薄れるのです。
「本当に取引したい顧客」なのかは、
この動画を見ただけでは動画再生後に「どうでしたか?」と聞くだけになるので、
疑問のでどころや購買意欲の創出が見えないからです。

オンライン展示会で使えるツールとなる動画ですが、BtoB企業の購入フローに合わせて、
動画でも比較検討できる項目を各所に入れて、動画を構成していくこととなります。

それは、技術を伝える場合も、製品を伝える場合も同じです。
さらに技術の動画と製品の動画を別々に作成することによりオンラインでの商談の際、
顧客心理を理解してそれに合わせたツールを繰り出していくこととなります。

上記のような企業の商談につなげやすい項目を盛り込んだ効率的な動画配信が
BtoB企業にとって有益なツールとなってきました。

 

******************************************

サマンサハートでは、動画作成、動画マーケティングのサポートも行っています。
また、企業が製品を世の中に送り出すときのプロジェクトを体系化して
コンテンツとしてお届けしています。
そのプロジェクトとして重視されている展示会。
オンライン展示会出展プロジェクトとして自社オリジナルの戦略立案、集客企画、アフターフォローまで
サポートしております。
是非お気軽にお申込みくださいマセ。

 


【出張講座】展示会・オンライン展示会出展を戦略的に行うための講座、開催中

 

 

サマンサハートお問い合わせ電話メール

 

 

関連記事

  1. 見えない技術を顧客に伝える手法が必要

    技術を顧客が認めるには心に響くコレが必要

  2. ターゲットにより近づくことが動画マーケティングを動かす時のテーマ

    展示会に合わせた製品動画はバズらせない

  3. BtoB企業のクチコミは存在するものなのか?

  4. 顧客の気持ちをとらえた準備ができていると当日の集客に大きな変化が出てきます

    イベント集客に成功している企業がいるならば

  5. これからは1社のワンストップサービスよりコラボサービスが企業を支える時代

    これが続くと価格競争が始まると言う不安に対して

  6. 課題構想と基本方針の2つの分析のため、変更しない点を確認

    BtoB企業が大型企画をやめた理由と代わりに立てた戦略

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ