学生に向けた『マーケティング』から学ぶ行動の分解

実績とセルフイメージを高めるために「行動の分解」をしていく

こんにちは!
新潟のBtoB企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

仕事の関係以外で学校に行くなんて、大人になるとほとんどないですよね。
もちろん、マーケティング講座で、です。

小学6年生の総合の受講の特別講師として
「マーケティング」「社長とは」などについて以前、話をしました。

この授業を通して、子供達だけでなく、
校長先生や担任の先生が深くご理解くださったことが印象深いです。

もう一つ、印象に残ったのは、
『生徒は書きながら話を聞くことができません。
話をした後にみんなで集まって企画を考えるやり方でお願いします』と担任の先生から言われたことです。
子供達は、一つ一つの行動確認をしていくのだな、と改めて理解しました。

関連記事;企画立案の裏の動き

実績とセルフイメージを高めるために「行動の分解」をしていく

企業がマーケティング活動を始めると思うように進まない時があります。
戦略を組み立て、活動を行っていくのがマーケティングなので、活動を始めたら計測することが重要です。
そんな時「動かないなー」「顧客の反応は薄いなー」と思うなら、活動の連鎖がどこかで止まっているということ。
引っかかっている明確になっていないコトにより動かないことが結果として顧客が反応してくれないワケ。

関連記事;事業の拡大や顧客増を、単なる数字を入れた計画書ではなく、実践して成果に繫げる

焦る気持ちを押さえ「行動の分解」をしていくことは重要です。
実際には、マーケティングプロジェクトを見直す、年間スケジュールで次の活動を確認する、
基本プロセス図で流れを確認することで行動の分解ができると思います。
もともと、マーケティング活動って行動の繰り返しですもんね。

ちなみに、私は企画立上げの時にこんな風に行動を分解します。
・ペンとノートを用意する
・考え事ができる環境に行く(座って落ち着くのがベストです)
・今の自分を書き出す(成功体験を中心に)
・次に欲しい結果や課題を書き出す
・順番を考えリスト化する
・その通りに動く
当たり前のことかもしれませんが、それを1つずつクリアしていくことって
成果を出すためにとっても重要な事なのです。

改めて、ここから活動だなと、
小学6年生の真剣な聞く態度から、自分に言い聞かせました。

みなさんも今日一日、ご活躍くださいませ!!

 

**********************************************

Webマーケティングを導入する前にやっておきたい自社のマーケティングプロジェクト、
サマンサハートならノウハウと実践までをお届けします。

マーケティングとプロモーションで戦略立案と実践を支援します

 

 

サマンサハートお問い合わせ電話メール

 

関連記事

  1. 企業におけるインターンシップ受け入れまでの流れ

    インターンシップ生の皆さんへ「会社のインターンシップ活動を知る方法」

  2. マーケティング顧客心理段階に合わせた戦術の準備を行う

    顧客が引き寄せられる情報を持ったプロモーション

  3. アンケートに助けられていること

  4. 会社の様子や業務の内容まで求職者の目線は動く

    働きたい人の就職を応援するという会社の強みを打ち出す

  5. 集客を可能にする中小企業の広報担当の仕事

  6. 企画書は、ビジネスの成功への近道!

    企画書は、ビジネスの成功への近道

協力会社との関係構築

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ