求人募集をスタートする時、どこから手を付けるか

求人募集のコンテンツを自社の内容に変更することから始める

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

求人が来ない時って、他社はどうしているのかをお聞きしました。
聞いていく中でわかったことがあります。
それは、
自社の採用基準がないから、求人募集も周りと一緒にしている。
ってことです。
世の中の流れと同じようにしていることで、求人募集の中から
区別されて取り上げられる会社のならないということ。
“いつも”だとか“かわらない”という求人がほとんどの中で、
求職者が調べて見つける活動がメインとなるわけです。
一般的には、インターネットの求人募集が基本になりつつあり、
会社のサイトに募集要項が掲載されているのがセオリーになっています。
すると、求人募集のページを見てもらうことも、顧客に製品ページを見つけてもらうことと
同じくアクセスされることが重要となるわけです。

ハローワークに掲載されていた内容はそのまま掲載することとなりますし、
さらに募集を増やすとなったら求職者が調べて見つけてくれる活動がメインとなります。

関連記事;文章を活用して他社と区別!求人募集の書き方の鉄則

この活動そのものが求人マーケティングとなります。
求人マーケティングを活用し、欲しい人材を確保することによって
・採用への社内の意識は高くなる
・求人募集の作戦が毎回的確にできる
・面接の方法が変わる
と、会社の求人募集に関する様子が変わっていきます。

求人の方法を変えるということは、会社で広告を出さずに求人をする時の問題が解決してくこととなります。
なので、求人募集のコンテンツを一般的な内容から、自社の内容に変更することから始めます。
周りと同じく行ってきた求人の内容はやめて、欲しい人材が見つけてくれる求人の内容に
変更することろからです。
どんなに広告を出しても、会社のサイトに求人について内容が具体的になければ、
ハローワークの用紙も見るだけで終わってしまうこととなり、意味がありません。

関連記事;同業他社との区別される求人のためのマーケテイング活動

求人募集のコンテンツを自社の内容に変更することから始める

同じようなことを繰り返しお話してしまいましたが、
会社の求人ページは
・会社の内容をわかりやすく
・働いてもらう内容をイメージしやすく
・労働条件がすぐに見える
ページに修正していきます。

ここから求人マーケティングを始めてもらっています。
その際には、誰をどのように求人するのかも決定しやすくなっていきます。

関連記事;求人のブログのまとめ記事

 


最近はリモート面接も増えてきました。
また、ハローワークへの求人募集を掲載するだけではなく、
自社サイトでの告知の方法尾工夫している企業が増えています。
これからの企業の求人と採用を円滑に行い、欲しい人材を獲得できるように
求人マーケティングの軸と活動スケジュールディレクションを行っています。

サマンサハートお問い合わせ電話メール

関連記事

  1. 展示会での時間配分は営業活動の時間配分に匹敵する重要事項

    BtoB企業の展示会時間活用法則

  2. BtoBマーケティングの見込み客を新規獲得する作戦とは

  3. マーケティングノウハウを社内への落とし込みは今の時期が攻めドキ!

    増販増客を考えていない社長はいない、という現実について

  4. 工場見学を行っているコトや活動しているイメージを伝えるには写真や動画の掲載が効果的

    工場見学の集客効果を高めるポイント

  5. 顧客獲得の話を聞かせてほしい展示会に出展するから

    「なぜ、展示会に出展するのか」改めて整理した企業の事例

  6. 女性心理を理解すると女性を楽に集めることができる

    なぜ、女性客が動かされるのか?

参加受付中のセミナーのご案内

協力会社との関係構築

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ