文章を活用して他社と区別!求人募集の書き方の鉄則

はじめて目に入る言葉に注目して求人の文章を作成する

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

学生であっても、パートさんであっても、
何かしらの媒体で活字を目にすることで会社が求人募集をしていることを知ることとなります。
会社は情報発信することで求人を募集していることをいろいろな人に知ってもらうこととなります。

活字となる求人の文章は、ハローワークのページに書いてあるとか、
求人広告に書いてあるとか、文章を見つけてもらってから
自社の求人の内容を気にとめてもらうマーケテイング活動が必要となります。

他にも同じように、ハローワークや求人広告を皆さんが出しているわけですから、
競合はいっぱいいて、求職者に見つけてもらうためには工夫が必要となります。

工夫するなら、「はじめて目に入る言葉に注目して求人の文章を作成する」ことをお勧めします!
会社が求人の文章で工夫の重要点として、求職者の視点で考えてみるってトコ。
求職者がまず見ているのは職種じゃないでしょうか。
給料の額の前に、ご自身が働きたい仕事であるかどうか、です。
それも、労働省が発表している職種ではなく、働く内容です。
そこで大切なのが求職者の視点。
働けるなら何でもいいじゃないかとか、後々仕事内容は増えるから全部書いておくのがいいと
考えがちですが、働いたらすぐに自分が役に立つかどうかを考えているのが求職者。
ならば職種の文章はコンパクトかつ、わかりやすくどのような仕事をしてもらうのかを集約して書き、
求職者に見てもらえるように文章を作成することが大切となります。

はじめて目に入る言葉に注目して求人の文章を作成する

職種、働く内容の文章には、パッと目を引く書き方の2つの鉄則があります。
その鉄則とは、「自分なら」と思わせること。
特によく使われるのが、以下の二つの手法です。

・入社後からできる仕事について明記する
・わかりやすい手順を書くことでできそうと思わせる

自分ならやってあげてもいい、もしくは、取り組めそうと思ってもらうことで
会社が求人募集をしていることが求職者にベネフィットとして明確に伝える必要があるのです。

書いてみたら、改めて読み返して自社のベネフィットと感じるかどうかを確認してみましょう。

 


最近はリモート面接も増えてきました。
また、ハローワークへの求人募集を掲載するだけではなく、
自社サイトでの告知の方法を工夫している企業が増えています。
これからの企業の求人と採用を円滑に行い、欲しい人材を獲得できるように
求人マーケティングの軸と活動スケジュールディレクションを行っています。

サマンサハートお問い合わせ電話メール

関連記事

  1. 社員も見逃してしまう会社独自のサービス

    顧客拡大に成功した会社はココを変更していた

  2. マーケティング実践&活用お役だち資料まとめ【DownLoad】

    コンテンツ資料ダウンロードできます

  3. 詳細な顧客心理データの獲得も考えている

    企業が獲得できる市場規模を拡大するために

  4. マーケティングとセールスはよく混同されますが似ているようで違う活動_画像

    コンテンツは企業のサイトの力となる

  5. BtoB企業がこれから重視するメッセージ戦略のベースとなるデータ

    アンケート調査をする時の5つの要素

  6. 提案書や企画書が動くのは仕組みを知り積み重ねる活動が基本

    企業が使い分けできる3種類の提案書

協力会社との関係構築

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ