共に成長する力!代表と社員の協力がもたらすマーケティング

samanthaheart.brand-marketing

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

弊社はWebの情報発信とコンテンツ制作を手がけております。
先日は、BtoB企業のA社様のサイトのブログコンテンツを制作させていただきました。
その会社代表からは、そのブログ制作の際に取材でお話を伺った際に、「Webページの構築は社長の役割ではないのでは?」というご意見をいただいていたのです。
確かに、ウェブサイトへの情報発信は通常、企画を担当した社員が進めるものとされています。
しかし、今後のマーケティング活動においては、Webの活用がこれまで以上に重要になることが予想されます。

これからは、従来のデータや実績が通用しない状況が訪れます。
その状況を鑑み、Webの活用は企画戦略とその戦略に基づいたコンテンツ制作が不可欠となってくるからです。
なので、すでに新しい事業戦略を構築している企業は、特にマーケティングを組み込んだ戦略を中心に迅速な実践が求められます。
今の市場環境を考えると戦略構築は、企画の立案スピードが重要となります。

そのためには企業代表も含めて自社で活動を進める必要があります。
なので、ウェブサイトへの情報発信は通常、企画を担当した社員がやるものと基準があったとしても迅速な実践が必要と考えると代表からの戦略の指示も大切なのです。

実際、Web集客が成功している企業では、マーケティング戦略の立案を代表が行っているケースが多いです。
そのため、代表と共に社員にマーケティング戦略の立案を学んでいただくことも一つの手段です。
集客を通じてマーケティングの理解が広がれば、BtoBの顧客獲得活動にもプラスの影響が生まれることがわかっているからです。

samanthaheart.brand-marketing

さらに重要だと考えている事があります。
それは、代表と協力して社員にマーケティング戦略の立案を学ぶことが、極めて重要!という事です。
なぜなら、マーケティング戦略は単なる企画だけでなく、組織全体に影響を与えるからです。

代表と社員が協力してマーケティング戦略を立案することにより、以下のメリットがあります。

1、組織全体の理解と共感
代表が戦略の立案に参加することで、社員は組織の方針や目標に対する理解が深まります。
共に戦略を考えるミーティングは最近重視されていて、組織全体での共感が生まれやすくなる方向が理解されています。

2、チームワークと連携
マーケティング戦略は連携と言われています。
各部門や役職の垣根を越えた連携が必要です。
代表と社員が協力して学ぶことで、組織内の戦略のテーマ共有が可能となります。
実践もしやすくなり数ヶ月先の姿が予測できるようになります。
それは協力体制やチームワークの向上、より効果的な戦略の立案と実行が可能となって行くことにつながります。

3、イノベーションと柔軟性
社員はマーケティングを学ぶ中でも顧客心理段階においては、それぞれの意見を発言します。
それは社員それぞれの価値観が違うことによるものです。
以前は統一した価値観が良しとされてきましたが、今は違います。
共に学び、アイディアを出し合うことで、新たな視点やアプローチが生まれ、イノベーションが促進されます。
これにより、変化する市場に適応しやすい会社になっていきます。

4、社員のスキル向上
マーケティング戦略の立案に参加することで、社員はマーケティングの基本から応用までのスキルを向上させることができます。
これが、組織全体の専門性向上につながります。
マーケティングは基礎を学んでいる中で、必ず自社の事業や製品にあてはめて戦略を作る場面があるからです。

5、組織文化の醸成
代表がマーケティングに積極的に関与することは、事業の推進において周りを巻き込むこととなります。
これが、社内全体においてマーケティングが重要視される雰囲気や空気感を作り出します。
雰囲気や空気感が、戦略の実行をスムーズに進める一因となります。

代表と社員が協力して学ぶことは、会社全体が変革に対応できる、ことでもあります。
今の市場環境では、競争力を維持・向上させる他、絵にもマーケティングは重要とされているのです。

BtoBビジネスは今後大きく変化する見込みですので、スピードを重視して代表が戦略を理解し、社員と共有することが非常に重要です。
マーケティング戦略を立案・実践することを会社全体で捉え、実践をする人が増えてくるからです。

サマンサハートは迷っている代表や活動が制限されている会社に向けて、「今、どのような準備をしていますか?」、「これから何をすべきか考えていますか?」と問いかけ、社内で行える活動の重要性を強調しています。
特に外部イベントに参加できない会社の場合は、まずはマーケティングのブログをみんなで見ることをおすすめしています。


オリジナルな自社の戦略を社員が立案できる勉強会なら、多くの事業を生み出すことができます。
その勉強会では、社員は同じ目的を持つことができ、戦略の事例や実際の企画書の事例を見ながら、自社の戦略を構築することができます。
それによりマーケティングを動かしたら、着実に成果を実感できていきます!

関連記事

  1. 事業を進めるならこの仕事でどのように工夫をしたらいいのかを考えてほしい

    社員のだれもがマーケティングを仕事で習慣化して使えるようになる理由

  2. 顧客の様子を見ている&顧客心理段階を知る

    協力会社についてのブログをマーケティングの視点で考える

  3. オンラインを活用するにはペーパーアイテムの提案書の改善も求められている

    人前で話すのが苦手でも説得力のある提案書を作成したいと思ったら

  4. クリエイティブな部分の視点となる「何を」「どのように伝えるか」を重視

    BtoB企業のInstagramを活用した戦略構築のための糸口

  5. job-marketing

    「求人募集ができる」は求人専門サイトだけの専売特許ではない

  6. 違う求人方法が中小企業に求められている

    中小企業が求人募集方法を改革して採用を成功させるなら

≪受付中≫ 個別相談ですぐに解決!

今すぐ受講できる!無料WEBセミナー

無料メルマガ配信中

資料DownLoadまとめページ

マーケティング実践&活用お役だち資料まとめ【DownLoad】

月別アーカイブ