出展の視点は「ライブ」を意識しよう!出展プロセスや出展戦略について

展示会は企業にとって顧客との接点を増やすツール

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

従来会場で進める事が前提になっていた展示会商談は、テレワークの普及により大きく変わりました。
特に商談の前の認知や関心度アップの顧客段階で、製品・企画採用担当者などはネットから多数の企業と関わりを持ち、自社のマーケティング活動に成果ができるかを精査しています。
そのため、自社サイトがどれだけ「オンライン・動画・テレワーク対応ができているか」に注目が当たっています。
まだ、同業者が手掛けていないオンライン商談のベースを構築しておくことは、担当者だけではなく製造部門、ひいては企業全体の生産性に影響してくることが分かっています。

展示会は新規、見込み客、顧客の再注文を促すマーケティング活動を構築するきっかけとしてこれからも参加者が増えることが予想されます。

関連記事;知っておきたい、2021年の展示会で大きく変わった集客の視点

一方で、
・何から着手したら良いか
・戦略をどう取り組むといいのか
については調査中であったり、自社の業務への組み込みが構築できない企業様もいらっしゃるのでないでしょうか?

関連記事;ハイブリッド展示会へ!リアルとオンラインのメリットを解説!

昨日、展示会のマーケティングプロジェクトをコラボしている「イチコン」さんと2021年度展示会出展プロジェクトについてミーティングを行いました。
ハイブリッド展示会に合わせた事前集客を成功させる「ライブ」について情報公開をすることとなりました。

展示会は企業にとって顧客との接点を増やすツール

 

ハイブリッドと言っても、展示会は企業にとって顧客との接点を増やすツール。
企業が戦略を立て活用する方向性によっても大きく変わってきます。
このブログでは展示会出展について、セミナーも含めたご紹介でした。
事業テーマを決定し、自社の営業戦略に沿った展示会出展プロジェクトを進めてくださいませ。

 


プロデュースマーケティング・プロモーション支援サービスをご提供しています。
企業の「顧客を増やしたい」「自社や製品を知らせたい」ときのあらゆるマーケティング活動を提供するのがわたしたちの仕事です。
弊社は汎用性のあるマーケティングプログラム(実践結果付)を持っています。
そのプログラムを軸として事業構築と共有できる企画書を作成するマーケティングプロデューサーとして、事業を企業と共に進めます。

 

サマンサハートお問い合わせ電話メール

関連記事

  1. 工場見学会の自社開催で顧客増を上げるちょっとしたコツ

  2. SNSを活用する戦術をBtoB企業が持つことは有効

    BtoB企業必見!インフルエンサーマーケティングの活用でHPを見てもら…

  3. 顧客の悩みを解決できる質の高い情報の開示

    BtoB企業の展示会出展を成功させ、顧客拡大で結果を出すなら

  4. 自社のやり方を改造することは、すなわち自社をブランド化すること

    成果が出るまでのスピードを社内改造する

  5. 活動を行っていくことでマーケティングの問題を解決する実践

    なぜマーケティングは動かないのか、考えてみる

  6. どのような強みを企業が持っていてどのように顧客に伝えるのかを分析する

    顧客の意思決定基準のとらえ方

参加受付中のセミナー

資料DownLoadまとめページ

マーケティング実践&活用お役だち資料まとめ【DownLoad】

月別アーカイブ