2020秋の新潟2大展示会、今回の展示会の様子と特徴は?

来場者の傾向に合わせたコンテンツの見せ方を立案

こんにちは!
新潟のBtoB企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

燕三条でお仕事をさせていただいているので、新潟市内と燕三条の秋の2つの展示会は大切な展示会です。
今年は、「アフターコロナ」ということで、様子を見る展示会のスタイルだと感じました。

この中でも気になったのは、バイヤーの少ない展示会というイメージでした。
(バイヤーに頼っていては、営業活動ができないという視点もありますが)
でも、全国的にバイヤーさんが活躍している時代と考えると、
バイヤーさんや来場者さんのニーズを把握した出展は
企業にと手有効な戦略なはずです。
また、展示パワーが少ない印象を受けました。

来場者の傾向に合わせたコンテンツの見せ方を立案

みなさん、これから2021年春までの戦略として、展示会出展をどう活用しますか?

このブログでは準備の視点でお話をさせてください。
展示会準備の中でいくつかある準備ステップの一つに「コンテンツの活用」があります。

来場者のニーズを把握し、コンテンツをそれに合わせていくコトとなります。
自社製品をマッチングさせる作成を行います。
製品や技術の紹介を展示会で行うわけですが、自社の製品の強みを展示会でお客様に見せる作戦ではなく、
来場者の傾向に合わせたコンテンツの見せ方を立案します。
もちろん、リサーチが必要です。
リサーチはほぼ展示会主催者が把握しているので、データが受け取れます。
そのデータの傾向は、マッチングさせておくのがベストです。

企業のコンテンツは出来上がっているので相手に合わせた提案の方法が優位に立てることとなります。

事前準備としてはホームページやブログを展示会のニーズに合う状態に作り変えるのです。
この方法で、展示会当日に人気ブースになった企業様は数え切れません。

自社のイメージは来場者に合致させることで、
さらに良さを引き出すことができることと新たな視点を生み出します。

 

****************************************************

【無料相談】展示会出展プロジェクトのご案内

社長が一人で展示会戦略を立てていた企業のための個別支援の展示会出展サポートサービス

展示会出展がマンネリ化している。
サービスや技術が複合化してきて、業務が混乱している。
経営者だけが営業をやっている感覚からマーケティング活動が理解できる人材を育てたい。
展示会出展で成果の出せる会社になりたい。
忙しいけど拡大しない。
というBtoB企業への「展示会戦略立案のプロジェクトを導入し、
展示会での成果を次につなげることができる会社を目指します。

まずは、基本プロジェクトを把握し、企業のつよみをさらに引き出す情報発信を行い、ブランドを確立します。
展示会出展予定がある企業様はぜひ、無料相談をご活用ください。

詳しくはこちらから無料の個別相談にお申込みください。

 

*****************************************************

 


【出張講座】展示会・オンライン展示会出展を戦略的に行うための講座、開催中

 

******************************************

サマンサハートお問い合わせ電話メール

 

関連記事

  1. 見込み客(リード)が獲得できている企業は契約が取れてい

    リサーチには○○が隠れている

  2. 次の顧客拡大のマーケティング活動は会社や製品の認知を広げる活動

    3年以上前に作成したパンフレットを使っている会社は要注意!マーケティン…

  3. 集客のお悩みを解決するのはマーケティングを活用して実践すること

    知らない人は損してるなあと思うマーケティングの使い方

  4. 詳細な顧客心理データの獲得も考えている

    企業が獲得できる市場規模を拡大するために

  5. 社員全員でzoomセミナーに参加しました(第23回女全交from新潟)…

  6. 軸のある動画を企業が求めている理由

    展示会用の動画のコーディネートをご紹介

協力会社との関係構築

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ