オンライン展示会出展を決定した直後からできる、顧客増のメルマガ

「思い起こさせる」行動をさせるのがメルマガ

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

「メルマガ?いまさら・・・」なんて声を頂くこともあります。が、
意外と使えるのが、「メルマガ」です。
昨日のブログと同じく、展示会出展を決定した企業が使えるツールに「メルマガ」があります。

関連記事;FAXDMを使ったオンライン展示会出展告知で成果を出す方法

展示会の顧客増においては、メルマガは現在でも影響力のある有効な手段となっています。
メルマガが企業で活用されているからこそ、マーケティングオートメーションソフトを導入している企業がいるんですもんね。

その「メルマガ」は、「メールマーケティング」という戦略の中の一部のツールです。
メルマガを顧客に配信している企業は、展示会集客の場面においてもメルマガを活用して増販増客に結び付けることができる!ってことです。
さらに、メルマガの配信にひとくふうして有効に活用できる戦術として企業が活用できる方法があります。

まず、確認をしていただきたいのが配信リストです。
メルマガは、多数の顧客、読者に対して区別なく一斉に同じ情報をメールで届けるもの。
メールマーケティング戦略で考えると、全リストを整備することで受け取ってくれる顧客、読者一人ひとりに最適化した内容を、最適なタイミングで届けるという戦術が使えます。
メルマガを使い分けていく方法です。
この方法でメルマガを配信すると、展示会で出会った顧客とは一つの製品を通じて展示会後もコミュニケーションが取れる戦術を使うことができます。

「思い起こさせる」行動をさせるのがメルマガ

メールマーケティングは、顧客心理段階に合わせ、顧客を購入まで導く戦略です。
顧客が企業との取引を悩んでいる理由は様々です。
なので、一斉配信のメルマガだけでは会社全体の様子や基本的な情報を伝えることができても、顧客を購入まで導くことは難しくなります。
特に、展示会のように顧客と直接話をして顧客の事情を知って、アプローチもわかったのにその顧客に合わせていかなければ、顧客はもっとアピール力のある広告に導かれて企業を去ってしまいます。

そこで、展示会で自社ブースに立ち寄ってもらった顧客に対して、企業や製品を「思い出させる」「気づかせる」「思い起こさせる」行動をさせるのがメルマガです。

メルマガを使った展示会への集客は、
・展示会出展の認知をさせる
・展示会でメインとなる製品の紹介
・相談できることや打ち合わせができることとその内容を知らせる
・事前打ち合わせ、当日打ち合わせ、アフターフォローなど、活動の紹介
・当日の様子、当日行っているブースでのイベント
などを連続して、また、関連性を持って配信していきます。
お礼メールも活用できますよ!

さっそくスタート、してみませんか。

 

企業様が自社で行えるように毎回のサイトに情報発信をする手順などを社員さんに伝え、コンテンツマーケティングを実践していただくサービスも行っています。
購入までの気持ちを汲み取った増販増客を心がける企業『ブログ記事を見てくれる顧客を増やすBtoB企業の活動手順』
こちらのブログは、どのように企業様が活動しているのか、また戦略の事例をダウンロードできるようになっています。
こちらも合わせてご覧ください。

 


新しい事業をスタートさせた企業は展示会を活用しています。
必要となるツールを度の場面でどのように展開していくのか戦術も必要となっています。
特に顧客心理を理解した集客ツールの繰り出しについて戦術を設計し、成果を出すためのマーケティングサポートを行っています。
集客にお役立てください!

 

サマンサハートお問い合わせ電話メール

関連記事

  1. 「いやー、ダウンロードなんてあてにできない」と感じていらっしゃるようでしたら見直すチャンス!!

    BtoB企業が顧客獲得に「使える!」と言ったインサイドセールス

  2. マーケティング分析の中でも1シートで次の展開を考えることができるのがSWOT分析の特徴

    社員が自主的に動く!顧客増戦略立案の裏ワザ

  3. 目的が手順を書くことで見えてくる

    新しい集客ができる企画を構築する際の落とし穴

  4. 事業企画の作成が難しいと感じるのはこれが原因

  5. 業種を超えた強い味方!リサーチを活用する

  6. 取り入れているマーケティング戦略に関するモデルがある

    新しいらしいぞ、このマーケティング視点!

参加申込受付中のセミナー

無料メルマガ配信中

資料DownLoadまとめページ

マーケティング実践&活用お役だち資料まとめ【DownLoad】

月別アーカイブ