顧客が購入意欲が湧いてくるとは?BtoB企業が使うコンテンツマーケティングについて

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

コンテンツの作成のご依頼が多く、顧客増のマーケティング活動で理解しておくと便利な「コンテンツマーケティング」についてご紹介をさせてください。

コンテンツマーケティングには、企業が発信するコンテンツを受け取る顧客の2場面が存在します。
調べてみるとコンテンツは、情報の中身とあり企業がブログなので題名を付けたホームページの中の1ページの中身の文章がコンテンツと言われるものです。
Webを中心にコンテンツの話は進みますが、パンフレットの各ページの文章などもコンテンツと言われるものです。
そして、コンテンツを活用して増販増客をしていく仕組みとその仕組み作りを「コンテンツマーケティング」と呼んでいます。

なので、コンテンツマーケティングはマーケティング手法になります。
企業のホームページの製品紹介や日々の活動、企業についての紹介などを読んでくださる顧客。
その顧客にとって価値あるコンテンツが提供できることで、顧客はいろいろなコンテンツに触れ、企業に興味を持ちます。
興味を持った顧客を見込み顧客として企業は確認していくと、その顧客ニーズを育成する活動を行います。
知ってもらうコンテンツから、購買したくなるコンテンツの提供も行っていきます。
知ってもらう→興味を持つ→ほかの情報との関係も調べる→購入の検討を始める→社内確認を経て購入する→継続購入があるとファンとして定着してくる。
コンテンツマーケティングはコンテンツと言われる文章や情報の中身を活用して、見込み客を集めたり、購入してもらったりすることをめざす一連のマーケティング手法です。

ポイントは、
・読んでもらえる&見てもらえる、価値のあるコンテンツを情報としてアップする

・見てくれる顧客を増やして、購入に繋げていく育てる活動を継続する

・購入してもらったり、継続仕入れによってファン化する
と言う流れです。

セールスがクロージングする提案書の文章もコンテンツに入りますが、製品を顧客が知ったり、購入を検討する段階でコンテンツを活用する企業が一般的です。

なのでセールスの分野より、マーケティングの分野で必要とされる場面が多いのが特徴。
企業の活用方法としては、まだ注文するかを決めていない潜在顧客層へ、コンテンツをとおして企業の製品の存在を認知してもらうのが初めに行うこと。
今日、コンテンツを発信したら明日購入がドン!と来る戦略ではなく、積み重ねていくことで、段階的に購買へとあと押ししていく流れがあります。

こんな段階を経て顧客は企業の製品を購入していくます。
となると、顧客が認知する段階のコンテンツと購入意欲が湧いてくるコンテンツとは別なものを用意したくなります。
用意したくなったら手順を整えます!
コンテンツを活用したマーケティング(売れる仕組みの手順)が大切です。

 


コンテンツマーケティングは、顧客の情報収集活動に流れを合わせ、有益な情報・コンテンツを企業から提供することによるマーケティング手法。
今までとは違うSEO対策が必要な時代に、新規顧客の獲得・育成となるマーケティング手法として注目されています。
企画・制作・分析等、戦略構築をサポートいたします。

 

サマンサハートお問い合わせ電話メール

関連記事

  1. オンラインを活用することでターゲットも変化しているそれに合わせた&1歩先

    展示会出展後の顧客の行動と向き合う

  2. 展示会などでは製品の説明だけに留まらずカスタマーサクセスに話が広がることが多々ある

    展示会後に行うのは「カスタマーサービス」ではなく「カスタマーサクセス」…

  3. 企業が外部に協力者を持つことの意味はめちゃめちゃ大きい

    事業構築する際、外部にチームメンバーを持っているか?

  4. 「みんなの意見が必要なんだよ!」

    営業依存はもう限界・・・社内マーケティングの現状と課題

  5. 営業ではなくマーケティング部が集客することで営業がクロージングに行くことができる体制作り

    製品力を活かせていない時の販売促進に使える2つのこと

  6. ちいさな「なぜ」をたくさん書き出すことができるかにかかっています

    戦略立案時のテクニックは「〇〇への問いかけ」が重要

参加受付中のセミナーのご案内

協力会社との関係構築

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ