マーケティング的設計図について【イメージ付き】

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

設計図のない家・・・なんてないですよね。
ただ、世の中には設計図なしで「売上を上げよう!」とする企業が多いのです。

企業の成果についても設計図を作ります。
こんな設計図です。

これは、世の中のたくさんの顧客に知っていただくために情報発信をする時の
企業のマーケティング活動の設計図です。
サマンサハートでは企業のマーケティングプロデュース時は、
売れるまでの手順を図にして、
その図を見たら企業自身がどんどんマーケティング活動を進めることができるように見える化していきます。
家は設計図があると全体のイメージもできるし、どのように作っていくといいのかがわかります。
マーケティングも同じく、

・企業や製品の良いところをどうやって打ち出すか

・誰に買ってもらえるように動くか

・売上が上がるまでを誰が担当するのか

・予算はいくらか

こういった活動をするために必要な要素を集めて、整理することで、
売り上げの計画が立ち、マーケティング活動を実践できます。

会議で、目標設定をし、詳細を考えずに考えずに、とりあえず情報発信してみるか・・・なんて考えても、
コンテンツはどうする?
どこにリンクを貼ったら効率がいい?
と結局は手順に迷い頓挫するか、実践ができたとしても売上までにはつながらないでしょう。

「売上が上がるぞ!」とイメージしているマーケティング活動には「設計図作り」があるんです!!

その手順ですが、すでに「売上が上がるぞ!」とイメージしている企業なら、
まずは企業の良いところや製品の良いところを書き出します。
そして、よいところを伝えるための活動の流れを作ります。
それは図にして製品を作る時のように書き表すとフローチャートになります。
先程の写真のような感じです。
なんと!
設計図が出来上がります。

家を立てるのに設計図があって当たり前なように、
企業にもどんどんのマーケティングの設計図を組み込み、売れる仕組み作りを成功させましょう。

 

*************************************

▼売れる仕組みを社内に!【実践型社内研修プログラム】 詳しくはこちら▼

*************************************

 

 

サマンサハートお問い合わせ電話メール

関連記事

  1. 展示会で120%活用できるパンフレットに変える方法

  2. 企業全体や社員ひとり一人がそれぞれの製品を製造していく目的を持って活動

    予定通りに進めながらWEBでの情報発信を自社の得意分野にする

  3. マーケティング視点で見る 「コンビニ」

    『コンビニはマーケティングの宝庫(1/3)』BtoBマーケティングの実…

  4. 「誰に・何を」だけではなく「どうやって」も大事な時代

  5. 事業計画に落とし込めないのはデータと手順のせい?

  6. 2020年は【右腕を育てるプログラム】を提供します

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ