新しい市場の見つけ方

顧客は存在していて誰もまだそこが市場だと知らない売り放題のマーケットがある

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

新しい市場の見つけ方を知ってれば、今の市場の大きな変化に
飲み込まれることがなく対応していけますよね。
そこに市場があるのですから。
さらにその市場に誰も参入していなくて、自分だけが知っていたら、
顧客対応もスムーズです。

その市場も探して見つけるのではなく、これからお客様になってくれる見込み客が
顧客の方から問い合わせをくれる=聞いてきてくれる状況がありがたいわけです。
でも、そんな市場は簡単に見つけられないわけでして。
でも見つけた企業はいるわけでして。

顧客は存在していて誰もまだそこが市場だと知らない売り放題のマーケットがある

その市場の見つけ方の話をこのブログでは進めたいと思います。

まずは、誰も参入していなくて、自分だけが知っている市場を
ここでは真空マーケットと呼ぶことにさせてください。
この真空マーケットには顧客は存在していて、誰もまだそこが市場だと知らない、
売り放題のマーケットです。
少し、サマンサハートの話をさせていただきますと、
この真空マーケットを見つけるためにありとあらゆる方法をとります。
直接アンケートだったり、ミーティングだったり、企業様の実績分析だったり、
などなどデータを100以上あるフォーマットに当てはめて
分析をすることで市場を見つけていきます。
超×3地味な作業です。
この作業は地味ですが、ある視点を持って行っています。

「それは私にとってどういう意味があるのか?
「それは私にとってお得なのか?」

です。
先程の真空マーケットなんですが、
リサーチやアンケートのデータの細部に潜んでいます。
隠れているって感じです。
見つけるために使う視点が上記の視点です。
データとなっているグラフや数字、フォーマットに当てはめられた企画のテキストの
細部に潜んで隠れているんで、上記の2つの視点で見つける作業も行います。
データ化するだけではなく、見つける作業も重要です。

ちなみに視点のあった「私」とは、弊社ではなくリサーチしている企業様のことです。
自分が企業だったらと外部の目線で、企業の顧客が存在する真空マーケットを探します。

真空マーケットを探す&ある意味「チャンスを求めている企業」は、
実はリサーチを行い、追求し続け、これだ!と絞り込んで、
「当社は問題を解決ができるよ!!」とコンテンツを発信しているのだと、
リサーチ作業を繰り返す8年ほど前からわかりました。

何でもかんでもやってしまえば成果になるからとりあえずこれでいい、
とは思っていないのです。
企業様の真のテーマをとらえつつ、真空マーケットを見つける作業を行うことで
新しい市場の見つけています。
これが「誰も参入していない市場であり、自社だけが知った、顧客対応もスムーズな
新しい市場の見つけ方」です。

みなさんもリサーチを始めて、新しい市場を獲得してみませんか?

**********************************

BtoB企業の戦略変化させるマーケティング戦略立案と実践を学ぶのは超おすすめです。

\新型コロナウイルスのため、自社の活動が制限されている皆様へ/
今、どんな準備をしていますか?これから何をしなければいけないと考えていますか?
自社で、今どのように動くか、今後の活動のための準備等、今だからこそ社内で行える活動があるはずです。
特に外部セミナーや勉強会に参加できない…という方は、ぜひこちらをご活用下さい!!

 

***********************************************

当社の新型コロナウイルス対策は以下をご覧ください

 

 

サマンサハートお問い合わせ電話メール

関連記事

  1. 社員向けマーケティング勉強会を毎月開催する

    女性社員にマーケティングの学びは必要なのか

  2. 2015年よりも 【もっと具体的な目標】を立てること!

    変化をもたらす新しい2016年を迎える前に

  3. 企業が自社のこれからをテーマとして見つけていくためにもリサーチは活用

    「共感できないと集客ムリ」といわれた?アンケートは社員からも集めよう

  4. ターゲットの絞り込みは、自社の市場を狭めるのではなく、自社の成果へ繋げる

    顧客の心理をつかみ売上を上げるシートの存在

  5. アイデアだしはマーケティング戦略のもととなる大切なリサーチ

    製品をメジャーにする戦略をいくつも立てる方法とInstagramの関係…

  6. 企業に直接入ってこない市場の様子や顧客の動向を受け取る

    中小企業がリサーチを行うメリットとデメリット

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ