マネされない戦略!BtoB企業におけるリサーチと分析の競争優位性

samanthaheart.research-analysis

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

最近、他社に差をつけるのが難しくなってきていませんか?

これまでの日本の企業は、「技術の優位性を追求し、最高の製品を市場に投入し成果を出す」という考えがありました。
さらに時代は進み、多くの会社が製品やサービスの品質向上に焦点を当てる時代になりました。
競争が激化する中で新しい機能を導入しても、すぐに真似され、低価格の商品が市場に参入してくるようになっていった時代です。
そこから、製品もコモディティ化されるようになり次の時代への移行が進んでいます。
最近では、ビジネスモデルが模倣される時代に突入しています。
厳しいビジネス環境においては、製品の機能だけでない差別化が求められています。
製品の機能以外にも売り方も差別化する時代となっていると感じています。

差別化できる重要な活動の一環として、私たちはマーケティングを提案しています。

多くの会社が、製品やサービスに関連する機能以外の要素に焦点を当て、自社の差別化を図るためのマーケティング活動を積極的に展開しています。
こうしたマーケティング活動を取り入れることで、価格競争から抜け出すことが可能です。

機能以外の戦略を立てるためのリサーチと分析は、そのマーケティング活動の一つです。
会社の製品やサービスの「感性価値」を明らかにしていく活動です。
価格や機能以外の魅力を見つけ出し、その価値を効果的に顧客に伝えるための重要な活動でもあります。

関連記事;顧客の心理をつかみ売上を上げるシートの存在

製品の価値は「機能価値」と「感性価値」の二つの側面を持っており、例えばファストファッションなら「機能的で低価格の衣料」。
ハイブランドファッションなら「高品質で高価格のファッションブランド」といった価値が関連付けられています。
ファストファッションやハイブランドファッションは「機能価値」と見ることができ、機能的で低価格の衣料や高品質で高価格のファッションブランドは「感性価値」と見ることもできます。

samanthaheart.research-analysis

現在のマーケティングでは、製品やサービスが顧客の認知と関心を引く段階で、「機能価値」と「感性価値」の両方が重要視されています。
ここで重要なのは、「機能価値」に「感性価値」をどれだけ組み合わせるかです。

感性の部分は個々の顧客によって異なるのですが、感性価値は様々なワードやデザインを通じて継続的に情報発信が可能です。
リサーチと分析を通じて、顧客に適した様々な感覚的な感性の価値を抽出し、会社が継続的に提供することができます。

また、「機能価値」だけでは価格競争に陥りがちですが、「感性価値」を組み合わせることで、顧客の認知と関心を引くことも可能です。
リサーチと分析によって得られるデータは、一つの製品の価値だけでなく、多くの価値を発見することができます。

企業は単一の製品の価値だけでなく、製品が持つ様々な側面を継続的に発信し、顧客を引きつけることで、長期的な経営の安定化に寄与できます。
そのためには、リサーチと分析を活用したマーケティング活動が不可欠です。

マーケティングリサーチは中小企業の戦略立案に不可欠です。
それは、市場の需要と競合状況を把握し、顧客のニーズと要望を理解するための貴重な情報を提供します。
マーケティングリサーチは、効果的な製品やサービスの開発、適切な価格設定、効果的な販売促進戦略の策定、顧客の購買行動の予測などに活用できます。


ブランディング、経営効率化、収益拡大、生産性向上、営業力強化に向けて、感性分析を取り込み、経営課題解決をご支援しています。
顧客理解のために様々な仮説をたて、適切なリサーチの実施まで。
顧客コミュニケーションのお悩み解決手段としてご活用いただけます、お気軽にご相談下さい。

samanthaheart.research-analysis

関連記事

  1. 既存客の営業で求められる結果は継続率のアップだから

    新規契約獲得のためのアプローチ手法として企業が最近取り入れた視点

  2. samanthaheart.sns-marketing

    BtoB企業でSNS担当者がいるとできることがある

  3. samanthaheart.job-marketing

    面接の体系化ができたら次にやるべきこと

  4. クロージングの手伝いをしてくれる資料作成は何を考えないといけないか?

    マーケティング視点のオンラインで使用するスライド作成

  5. samanthaheart.job-marketing

    求人(リクルート)戦略を立案した企業の変化

  6. 名刺にはいくつかの使い方がある

    BtoB企業代表の名刺の新たな活用視点

≪受付中≫ 個別相談ですぐに解決!

今すぐ受講できる!無料WEBセミナー

無料メルマガ配信中

資料DownLoadまとめページ

マーケティング実践&活用お役だち資料まとめ【DownLoad】

月別アーカイブ