顧客の心理をつかみ売上を上げるシートの存在

ターゲットの絞り込みは、自社の市場を狭めるのではなく、自社の成果へ繋げる

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

『顧客の気持ちをつかむように』と、ビジネス本やネットから情報を得ている、またはセミナーなどで聞いている方も多いはず。
私もつい先日、東京で開催されたセミナーで同じ話を聞きました。
特に今回聞いてきたセミナーの中では、「顧客の心理を理解して、ターゲットを絞り込むように」と言っていました。

『顧客の心理をつかむ』そして『顧客の絞り込みを行う』ということは、このブログを読んで下さっている方なら、すでにご存知のことと思います。
過去にも何度か関連する内容のブログも書いていました。
しかし、改めて先日セミナーで感じたことがありましたので、ブログに書かせて頂きました!

企業からすれば「顧客の心理」、特に新規顧客のこころをつかむ方法を具体化できれば、より効果的にマーケティング活動を行うことが可能になりますので、企業に取り入れていきたいところ。
もちろん弊社クライアント様でも、「顧客心理」の必要性を理解し、マーケティング活動として実践し、結果を得ている事例が多いです。

なので、顧客心理が重要であり、その顧客心理を設計するためにターゲットの絞り込みを的確に行いたいものです。
ターゲットの絞り込みは、自社の市場を狭めるのではなく、マーケティング視点で顧客視点を調査し、その結果を効果的にマーケティング活動に反映させ、自社の成果へ繋げることができるのです。

このターゲットの絞り込みを行い、成果へと繋げていく手法がサマンサハートにはあります。

ターゲットの絞り込みは、自社の市場を狭めるのではなく、自社の成果へ繋げる

顧客の心理をつかむ&その仮説を立て成果へとつなげていく手法として、「カスタマージャーニー」(カスタマージャーニーマップ)が、企業の実施するマーケティングの手法として普及しています。
このカスタマージャーニーマップなるものが登場したのは意外と古いようです。
最近では、WEBの専門家がよく使うマーケティング手法にもなっています。
この手法は意外と古いとお話ししたように、現在のようにここまでオンライン(WEBなど)が普及していない頃、デジタルではないオフラインの時から、使用されていたマーケティング手法なのです。

関連記事;新規商談に課題あり!?商談先を増やし、成約に繋げるためBtoB企業が取組むこと

ちなみにサマンサハートでは、顧客心理の見える化として販売戦略等に用しています。

しか~し!
サマンサハートで使用しているシートは、名前がちょっと違います。
「PT設計」(プロセス&ツール設計)
っていいます。
PT設計では、顧客の心理をつかむことができるための、プロセスと必要なツールを設計していき、求める成果へと繋げていきます。

顧客は何かのタイミングで(今や様々なタイミングやモノから)企業を認知します。
そして、繰り出される情報発信(これも今や様々なモノや場面から)の中で、御社や御社の製品に関心を持ち、購入意欲を起こしていきます。
さらに、購入意欲がとある場面を経て(店頭やWEBショップなど、これも今や様々な場面が想定される)購入となり、顧客の手に御社の商品やサービスが渡ることになるわけです。

この顧客の購入までの気持ち(顧客心理)を時系列に並べ、自社のマーケティング活動と連動させて表現していくのがPT設計です。
上記の流れをPT設計シート1枚で見える化しています。

ワンシートで得られる最高の結果は、社内で共通認識が持てることにあります。
ただ見える化され成果に結びつくだけでなく、部署が違っても共通化できます。
顧客心理は、全社員が理解できるものにできるからです。
(戦略的な考え方は、正直なかなか一社員には難しかったりする現状がありますが)
社員全員が自社の顧客へ理解を深めることができると同時に、同じ活動と結果に向かって進むことができるのです。

『顧客の心理をつかむ』そして『顧客の絞り込みを行う』というマーケティング活動を自社で実践し、売上アップに繋げて頂ければ幸いです。

 


こちらではPT設計をご紹介しています。
ダウンロードして、ご活用ください。

デジタルツールの活用がBtoB企業にも求められている

資料
『プロセス&ツールを戦略的に設計する「PT設計」』

ブログ記事
新規商談に課題あり!?商談先を増やし、成約に繋げるためBtoB企業が取組むこと

 

 

サマンサハートお問い合わせ電話メール

 

関連記事

  1. 競り合いを抜け出し選ばれるための提案営業へ

    顧客の心を動かす条件!価格ではなく「提案」にフォーカス

  2. 企業はマーケティングを知っていると集客できるのか?

  3. 自分の会社を誇りに思っているかを知る方法

  4. 1対1だからこそ「経営者としての本音」をお聞きすることが多い

    経営者は「この言葉が好きだ」とわかった、そのワードと理由

  5. 2020年は【右腕を育てるプログラム】を提供します

  6. 顧客は存在していて誰もまだそこが市場だと知らない売り放題のマーケットがある

    新しい市場の見つけ方

参加受付中のセミナーのご案内

協力会社との関係構築

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ