FAXDMを使ったオンライン展示会出展告知で成果を出す方法

現状を打破しオンライン展示会で成果を出したい!

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

「BtoB企業が展示会に出展したら、顧客に真っ先に出展について知らせる」は、重要な活動のひとつ。
さらに集客もそこで行いたい!って考えるのが当然。
そこで今日のブログは、顧客に知らせる活動によく利用されるFAXDMをオンライン展示会で活用する時の話です。

BtoB企業様の中には、
オンライン展示会に出展予定だが、日々ホームページの新着情報に出展のお知らせを出す程度。
とぴう企業様も多いです。
となるとオンライン展示会を活用した売上増のマーケティング活動は成果に結びつきにくくなる可能性が大に。

そんな中でも「現在は新着情報に出展のお知らせを出す程度だが、こういった現状を打破し、オンライン展示会で成果を出したい!」
そう考えていらっしゃる企業様も多いと思います。

例えば、知らせる活動に重要な準備がリストです。
でも、、
・メールアドレスの整理ができていない。
・見込み客のメールアドレスをこれから取得って、困難。
・メールDMをほとんど出していない。
・送った後のテレアポに人員が裂けない。
など展示会出展の告知を活用して集客に結び付けたいが、オンラインでの対応幅がまだ狭く、どうすれば見込み顧客の手元に情報を届けられるのか、が課題である企業がすぐにできることがFAXDMです。

オンラインでの集客戦術と言えば、ホームページやSNSなどインターネットをどう活用するかが、課題です。
ですが、出展企業様やその顧客がオンライン施策で情報を届けにくい場合もあります。
その場合は、「FAXDM」の活用があります。

「FAXなら使えるぞ!」とイメージした方も多いのでは?
コンシューマーと言われる消費者はスマホが中心ですが、中小企業の中心はまだFAXを使うことがあります。
展示会の自社ブースに集客するときは、オンラインもオフラインもFAXも活用するのがマーケティング。
オンライン展示会だから、オンラインでの集客にこだわる必要はない、と考えます。
また、企業もFAXで連絡をもらったり、オンラインでのミーティングをしたり、電話で直接話したり、と顧客との関係性によってはツールの出番はそれぞれ変わってきます。

そこで認知を企業にしてもらう際に、時代遅れと言われようが、世界はFAXなんて使ってないと分かっていたって、顧客との関係作りに使えるものは、しっかり活用する!ことで集客を成功させていただきたい、そう、思っています。

FAXDMは、認知活動の段階で活用しやすいツールです。
ポイントをまとめると
・FAXDMの紙面は分かりやすく
・キャッチコピーを大きく
・知らせるFAXにする、と活用テーマを決める
・活用場面においては、展示会の商談内容までFAXDMに入れる場合もある

ではでは、FAXDMの相性が良い業界、製造業、建設業、不動産業、コンサルティング、介護業、病院・薬局、飲食業、人材関連業などを中心としてFAXDMを戦術にご活用ください!

 


新しいビジネススタイルの中で、顧客から選ばれる企業になるための広報活動をスタートする企業が急増しています。
その広報活動として展示会を活用している企業が増えているのです。
実際に展示会を活用している企業は展示会と広報活動の関係性をどのように考え、集客に結びつけているのかをセミナーで解説していきます。
集客にお役立てください!

 

サマンサハートお問い合わせ電話メール

 

 

関連記事

  1. マーケティング部と営業をつなぐプログラムのこと

    リターンまでの戦略を立てる

  2. 新規であってもリピーターであっても継続的に集客をしていく

    イベントで集客ができない企業の、調査ミスについて

  3. 展示会を活用することでチャンスを結果に導くことができる

    BtoB企業の展示会マーケティングで、新たな顧客増の戦略を解説!

  4. 私たちは”3つの視点”で、戦略策定をしています

  5. 2020年は【右腕を育てるプログラム】を提供します

  6. 2019年も皆様には大変お世話になりました誠にありがとうございました

    感謝を込めて「令和元年最後」のごあいさつ

参加受付中のセミナーのご案内

協力会社との関係構築

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ