ハイブリッド展示会へ!リアルとオンラインのメリットを解説!

さらにオンラインでもありリアルな場面もあるハイブリッド型の展示会に移行

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

コロナウイルスの拡大により異例ともいえるゴールデンウイークです。
セミナーやイベントはどんどんとオンラインでの対応をしています。
BtoB企業にとっては、展示会も変わったなーと思うのではないでしょうか?

展示会はリード獲得(見込み客を集める)のための重要なマーケティング活動。
その展示会も従来型のオフライン(=リアル展示会)での実施が昨年はできませんでした。
なので展示会は、オンラインへの切り替えが進んでいます。
さらにオンラインでもあり、リアルな場面もあるハイブリッド型の展示会に
移行しています。

さらにオンラインでもありリアルな場面もあるハイブリッド型の展示会に移行

そして新潟では、新潟産業創造機構さんが「令和3年度:ハイブリッド展示会出展支援事業」
STARTしています。

オンライン展示会とリアル展示会、それぞれのメリット

ハイブリッド型の展示会を公的団体が勧めているならアックアップしてくれているって
コトなので、まずは出展して目的を達成す、そして成功すこと。
このブログでは展示会のメリットを確認していきます。

リアル展示会の特徴

東京ビッグサイトなどに多くの企業が集まって、それぞれのブースで
事例紹介や実際の製品の展示・サンプル品実技などで、来場者に
自社の製品やサービスをアピールするマーケティング戦術が展示会です。

リアル展示会は会場に集客するのが特徴です。
集客方法は、チラシを送り見てもらったり、メールで伝えたり、
Webサイトなどへ誘導したりしていきます。

集客は来場に繋がり、主催者が決めた特定の日時・会場にて
直接コミュニケーションが取れる活動を行っていきます。
その活動によって、企業に認知、関心の拡大、見込み客の創出、商談の成立、
などが行えることが特徴です。

メリットは、十分に新規が取れる活動が当日、自社自力でできること。

オンライン展示会の特徴

オンライン展示会は、インターネットを介して展示会を行うこと。
デジタルのコンテンツとツールを活用して、主催者で用意したWebサイトの
自社ページにアクセスしてきた参加者と、オンラインでリアルにコミュニケーションを取ります。
PCなどデジタルコンテンツを活用してインターネット上で製品やサービスをアピールします。

事前に動画を作ったり、ホワイトペーパーなど資料も見てもらうことができます。
展示会も国内ではなく、海外とのオンライン展示会も増えていて、通訳もしてもらえることも特徴です。
マーケットが拡大しているにも関わらず、費用が安価なのも特徴です。
リアル展示会でかかった、会場使用料・ブース設営費・人件費などの費用がかからないわけです。

オンラインでみこみ顧客に対応した商談を進める、というような
目的を持った集客ができるもの特徴です。
リアル展示会なら顧客に合わせた対応が軸になることが多いですが、
インターネット上で完結するオンライン展示会なら商談時間を設定することも可能。
顧客は事前に企業から出されている様々な情報を受け取ってからオンラインで話を進めます。
基本的な説明に時間を取られないのも特徴です。

関連記事;失敗しないオンライン展示会出展!デジタル営業の第一歩
このブログには、展示会出展のダウンロード資料をついています。
合わせてご覧下さい。

メリットを見ていきましたが、それぞれのいいところを取り、さらに幅の広い対応ができるのが
ハイブリッド展示会の特徴。
昨年の展示会では、アンケ―トを実施する企業もありました。
いろんなことができそうと思っていただいたら、活用して自社の営業に繋げていくために、
しっかりとした戦略を構築することが重要となります。

 


サマンサハートでは、動画作成、動画マーケティングのサポートも行っています。
それは企業が製品を世の中に送り出すときのプロジェクトを体系化されたもの。
体系化し成果へ結びつけるオンライン展示会出展プロジェクトをサポートしております。
是非お気軽にお申込みくださいマセ。

 

 

サマンサハートお問い合わせ電話メール

 

関連記事

  1. 展示会がオンラインになり展示会出展しなくてもオンラインで受注が取れるのがベスト

    受注が集客だけでできるならオンライン展示会はいらないのか?

  2. さまざまな企業のマーケティング活動の手法のひとつとして用いられるのがサイト

    社員が関わる情報発信を組織型という理由

  3. 事業を進めるなら、気合いではなくマーケティング戦略がおすすめ!

    集客を企画システムから逆算する

  4. ブランディングプロジェクトでは企業とお客様との関係作りにまっすぐに取り組む必要がある

    本当のブランド戦略で必要なチェックはこの2つだけ!!

  5. イベントを通じて、 自社のプレゼンを身につける 作戦なら取組みやスタートが しやすい

    イベントを開催すると企業とお客様のココロに残る

  6. 製品の強みを発揮した販売促進を考えるならターゲットは広く持つ

    BtoB企業の戦略立案と補助金資料作成の極意

セミナー案内

 

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ