SNSの情報発信だけではなく、受注が取れるマーケティング活動を

どうしたら顧客がスムーズに購入したくなるのか?

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

今日は、午前中から日本の食について考える日となりました。
食べることができない、買えない、つらい気持ちを理解し、その方々のために自分の力を活用する人がたくさんいらっしゃるのですね。
フードバンクさんのお話をお聞きしたのですが、自分の行動に責任を持つ重要性を感じているところです。

そんな世の中の食の大切さを身近に感じながら、なおかつマーケティング活動はそういったところにも力を発揮できると考えてしまうわたしがいます。

ところで、どんな場面でも使えるマーケティングですが、「マーケティングはリサーチ」「マーケティングはよくわからない」と言われるのは確かです。
また、マーケティングは勉強だとも思われています。
ですが、マーケティングは営業手法です。
営業手法と言ったら「いかに売るか?」とイメージする方も多いと思います。

どんな場面でも使えるマーケティングに必要なのは、いかに売るかではなく、顧客は何を解決したいのか?と言う顧客を軸とした作戦です。
今までなら、活動していたら売上になったのですが、最近は作戦や戦略としていかないと、動いただけでは結果が出ない時代です。
顧客を見ないで、作戦を打たないと成果にならないのです。

でも作戦と言ったら、営業ならまた代表なら営業トークでなんとかできそうです。
どこも厳しい環境の中、営業トークだけでクロージングが上手くいくことはほとんどなくなりました。
顧客が欲しいという製品とその作戦を必要なのです。

どうしたら顧客がスムーズに購入したくなるのか?

特に、クロージング段階で顧客が「OK、それ買うよ!」と言ってくれるための営業トークは使えなくなってきています。
その前の認知段階や関心段階で顧客の気持ちを掴む、企業の活動がなければ、クロージングにもたどり着かないのです。
できたとしても、無理にその場で納得させるのが関の山。

マーケティングでは「どうしたら顧客がスムーズに購入したくなるのか?」と顧客を中心に考える時期にきているのですね。
まずは、マーケティングの戦略立案を理解し、継続的に顧客が問い合わせをくれる環境を構築していきましょう。

 


 

WEB担当者を付けサイト運営で顧客増を実現したいとお考えの企業様へのご提案をしています。
マーケティング活動を理解し、自社のサイトを動かす&問い合わせを増やす戦略を考え会社に提案する
ことができる社員を育成する勉強会「企画マーケティング塾」。
戦略の事例や実際の企画書の事例を見ながら、自社のWEB戦略を構築することができます。サマンサハートお問い合わせ電話メール

関連記事

  1. 企画マーケティング塾

    営業の本質と売れるマーケティング塾(東京編)

  2. よい製品だからこそ顧客へとしっかりつながる提案を仕組みにして

    製品の話をする場合、見込み客に提案書や資料を読んでもらう工夫

  3. 「思い起こさせる」行動をさせるのがメルマガ

    オンライン展示会出展を決定した直後からできる、顧客増のメルマガ

  4. 人を動かすことのできる企画の2つのポイント

  5. マーケティング戦略構築で必要とされるリサーチの分野はこれ

  6. 関わった社員やスタッフ、 外部関係者の収入が上がる という事例もあります

    成果の上がるマーケティングチーム、3ステップ

参加受付中のセミナーのご案内

協力会社との関係構築

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ