展示会出展後の顧客の行動と向き合う

オンラインを活用することでターゲットも変化しているそれに合わせた&1歩先

こんにちは!
新潟のBtoB企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

先日、展示会に出展した企業の反省会に参加しました。
サマンサハートでは、展示会サポートは展示会出展だけに終わらず、そのアフターフォローまでがサポートとなります。

関連記事;展示会出展後の商談につなげる具体的実践方法のご案内

その日は、「今回の出展をどのように自社に活かしていくか」というテーマでした。

私はその会に参加した社員さんのお話を聞くポジションだったのですが、反省点については事前に資料は配布されていて、
その場で皆さんのご意見をフォローするなどのことはなくスムーズでした。

オンラインを活用することでターゲットも変化しているそれに合わせた&1歩先

そうなると反省点の資料から読み取れる「これからの活動はどうあるべきか?」が会議のポイントになります。

そして「出展して改めて気が付いた!」など出展したからこその次の展開ってありますよね。
展開としての予測は
・オンライン化
・サービスの商品化
・販売促進のスケジュール
・広報活動のテーマ
・メディア対応
・ターゲット設定のブラッシュアップまたは変更

行う必要のない活動もあります。
そんな中で外せないのは、オンライン化。
オンライン化によるデジタルマーケティングは、デジタルツールを使う、使えるようになるがテーマではない。
オンラインになったら経費が節約できるがテーマではない。
オンラインを活用することでターゲットも変化しているからそれに合わせた&1歩先を見て
顧客行動に向き合うんだって思うんです。

すると、BtoB企業の顧客は、現在の問題に取り組んでいるばかりではなく自社の価値を構築&想像も行っている。
だからオンラインがツールとして使える、という展開です。
そこから価値を創り出していくんですね。

関連記事;展示会がBtoB企業の顧客拡大に繋がる一連の活動とは

なのでマーケティングではサマンサハートのお客様の展示会後の活動に向き合うってことは
オンライン化を促すことがテーマではない、と改めて言えます。
今まで企業が大事にしていた本質的な価値をオンラインを活用することで
後押しとなるようにマーケティング活動を行うことになっていきます。
そして企業の販売促進が進めやすくなること、ココも重要ですね。

環境は変化しても、BtoB企業が顧客とともに価値を創り出していくことには変わりがないと感じました。

 


 

 

 

サマンサハートお問い合わせ電話メール

関連記事

  1. マーケティングや戦略を細かく考えなくてはいけないのは儲けるため儲かる仕組みを考えるため

    売れている企業はマーケティングがいらないのか?

  2. マーケティングがしっかり出来ていることで楽にクロージングまで持っていくことができる

    BtoB企業がオンラインマーケティングを活用する時の持つべき視点

  3. 提案書や企画書が動くのは仕組みを知り積み重ねる活動が基本

    企業が使い分けできる3種類の提案書

  4. ドメイン(事業領域)決定時の判断基準には名刺を整理することでできる

    BtoB企業の展示会出展後の裏ワザ

  5. マーケティング活動から実践し出来上がった活動を振り返りノウハウを作るのが早い

    マーケティング時代に欠かせないワークフロー

  6. プロモーションの流れの注意点は思い切って段階に分けて紹介していくこと

    企業がイベントプロモーションを活用している件

参加受付中のセミナーのご案内

協力会社との関係構築

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ