マーケティングリサーチから顧客の心を動かすテーマを見つける

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

突然ですが、マーケティングの基礎としてリサーチを
しっかりすることは重要です。

でも、リサーチ方法はすごくたくさんあって・・・
さらに面倒だと言われるのもリサーチです。
さらに企業が結果とのギャップが大きいから経費をかけたくないというのもリサーチです。

リサーチ方法とその結果の出し方が分かっていると、キャッチコピーが充実します。
さらに、顧客の心が動いたと分かるマーケティング活動になっていきます。
「顧客のこころを動かすマーケティング」には、

・顧客がなぜ自社から購入をするのか

・価格ではない部分で自社を選ぶのか

の、自社の強みとなるテーマがリサーチのデータから見えてきます。
リサーチのデータを分析して、「顧客のこころを動かすマーケティング」
をテーマをつくった企業A社様がいます。
企業A社様は、自社で社員と一緒に作成&発行の新聞の配信を始めました。
毎月1回の発行です。
新聞作成を始めた頃は、どのような内容にするのか明確になっていなかったので、
書くことがないとのお話しでした。
そこで、自社のこと、特に技術を中心に書いてもらうことをご提案しました。
ですが技術って当たり前にいつも行っている&身についていることですから文字化するのが難しいw
そこで時間をかけて、基礎の部分であるリサーチをしっかりやっていきました。

基礎としたリサーチは3C分析。

3C分析はこちらから↓
企画立案する人は必見!企画の裏付けとなる3C分析」

まずは、自社のリサーチを行い、さらに顧客についてと、競合との関係も調べました。
データから今回読み取るのは、

・顧客がなぜ自社から購入をするのか

・価格ではない部分で自社を選ぶのか です。

その視点で自社発行の新聞ネタを考えていきました。
A社様は時代にあった、旬な特集を技術の視点から組んでいきました。
技術の視点を知った上で、文章を書くのでネタがなくなることはないワケです。

そうすると、なぜかネタが尽きることはないんです。
どんどんネタがでてくる理由は、細かいリサーチ、調査、分析をしているから。
そこから、新聞の文章を通して顧客の心に響いたのです。
リサーチはすればするほど、良いキャッチコピーが書けるようになります。
今日は、リサーチの重要性をお送りしました。

関連記事

  1. 企業様に向けての情報発信や提案する自社のスタイルは変更せずに自社のサービスについて注力

    自社のサービスに手を加えたその時の市場環境

  2. GO!が出る提案書を作成したいなら! セミナーを活用しよう。

  3. イベント内で集客できるステージの作り方について

  4. 自社をブランディングし競合他社と区別される求人募集を出す

    同業他社との区別される求人のためのマーケテイング活動

  5. 営業ではなくマーケティング部が集客することで営業がクロージングに行くことができる体制作り

    製品力を活かせていない時の販売促進に使える2つのこと

  6. 展示会に出展していると展示会のブース準備にある2つの傾向が見られる

    展示会出展製品の見せ方修正方法

セミナー案内

 

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ