顧客の意思決定基準のとらえ方

どのような強みを企業が持っていてどのように顧客に伝えるのかを分析する

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

売れるマーケティング塾の動きが順調で、企業様の戦略に対する熱の入り方が
とびっきりな状況です。

ところで企画が進むと社内の他への影響もあり、顧客の発注が進むことをご存じですか。
様々な影響からだとは知っていますが、きちんと実行することで
きちんと顧客増につながっている事例を今まで見てきています。
この場面では、いつも戦略の重要性を感じます。

戦略のポイントはコンセプトとターゲット。
企業の製品を顧客が選ぶときのポイントです。
そして、コンセプトは強みを打ち出すわけですが、
お客様が企業を選んだ理由、とは、企業の「強み」と言えるコンセプトとなります。
この強みですが顧客が他社ではなく、その企業を選ぶ理由でもあります。

特に、購入時における企業の強みは、
「顧客が他の企業ではなくその企業を選ぶ理由」ですから、
どのような強みを企業が持っていて、どのように顧客に伝えるのかを決定するための
分析を行うと勝てるポイントがわかることとなります。

また、商品を選ぶ際の価値観は価格を重視する人が大幅に減少していて、
自分のライフスタイルや好きなものであるか、や、気に入っているか、など
「自分に合っているかどうか」を重視する方が増えています。
「消費者理解に基づく消費経済市場の活性化」研究会報告書/経済産業省より

これが「意思決定基準」となり、売れていくポイントとなります。
「顧客が何を重視して選ぶか」というのは、売り上げにかかわることも含め、決定的に重要な情報です。

どのような強みを企業が持っていてどのように顧客に伝えるのかを分析する

そしてこのような企業のデータは通常のリサーチでは公開されません。
企業の集めたデータをもとに明確な戦略を立てることができるから、
企業も簡単には見せてもらえないわけです。

結局、自社のデータは自社で収集し、分析するしかありません。
リサーチを自社で行い、戦略へと反映させた企業が「強み」で勝てるというわけです。

 

************************************************

市場の変化や顧客ニーズの多様化により、
売れるポイントが分からなくなっている商品はありませんか?
どのような商品の企画、販売を行う時にも、現状の分析・把握は必須です。
リサーチから見つかる、御社の商品の「売れるポイント」がわかるセミナーを開催します。

リサーチから見える差別化戦略セミナー ~10月16日開催セミナーのご案内~

************************************************

▼「顧客 リサーチ」関連記事▼

マーケティングリサーチから顧客の心を動かすテーマを見つける

マーケティング戦略構築で必要とされるリサーチの分野はこれ

もっと、「顧客 リサーチ」まとめ記事はこちら

サマンサハートお問い合わせ電話メール

関連記事

  1. プレゼン資料を動画にしたり一部ずつ進める展示会活動

    オンライン展示会、どう取り組むといいのか

  2. 見込み客&潜在顧客を会社全体で集め問い合わせのあった顧客を営業に渡す

    集客が強い会社になることができる

  3. 企画立案時に行う自前のリサーチは大変重要

    戦略立案の事前リサーチを仕組化できる件

  4. ターゲットの絞り込みは、自社の市場を狭めるのではなく、自社の成果へ繋げる

    顧客の心理をつかみ売上を上げるシートの存在

  5. まるで登山のように売れていく山がある

    調査分析により売れるポジションを見付ける

  6. 見やすさや声のかけやすさを向上させるブースの配置や方法

    立ち寄って話したくなるブースとは何か、考えてみよう

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ