先日のセミナー開催から振り返りが企業の差別化を確認

振り返りから差別化のヒントをもらいました

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

BtoB企業様においても、マーケティング活動はWebを中心に展開してきています。
実際は基本となるマーケティングがあるからこそ、新しい時代に対応できているからだと
わたしは考えています。

先日、その意味も含め、『オンライン時代の組織型広報戦略セミナー』を開催させていただきました。

当社はセミナー終了後、振り返りシートを記入し参加したセミナーを自分に活用できるように確認していきます。
セミナー後、シートを記入することでおのずと振り返りができます。
先程のセミナーも振り返りを当社社員が行ってくれました。

□成長性を感じたところ
・Webマーケティングの市場規模は高い

□成長性に合わせたサービスとその特徴
・Webマーケティングを活用することで営業をしやすくする

□差別化を感じるところ
・ホームページを4つに分けて、運営している
・自社を主体に情報発信ができる

弊社のセミナーだったのですが、自社を振り返り
「自分の会社にはホームページが4つあり運営をしている」ところを差別化ができると書いていました。
自社のことって視点がずれることがありますが、この振り返りから差別化のヒントを社員からもらいました!
この手法なら発見もありずれることはないですね。

□差別化から見える優れている点
・従来の営業方法だと話に行きづらかった
・Webを活用すると提案しやすかったり、更新後に声をかけやすくなる

□自社に置き換えてみると
・見込み客に直接訴えかける

□さらに応用するなら
・こまめな情報発信も大事
・それを基にしたセールスパスが売り上げに繋がっていく

振り返りから差別化のヒントをもらいました

以上が振り返りからの感想です。
面白いことに、マーケティング活動を始めただけでサイトの閲覧数が変わっていくから不思議です。
いつもの顧客はもとより、以前の取引先もサイトを見てくださいます。
また声をかけてもらえます。
これがとってもクロージングしやすいってことに代表が気が付いています。
読んでくださる方が多く、「ブログ更新していますね」と、お声がけいただきます。

 


企業のコミュニケーション活動をサポートする「コミュ活」
製品やサービス、イベント活動などの情報発信をサポートします。
持っているコンテンツを有効活用しながら顧客に響く情報発信を行います。

サマンサハートお問い合わせ電話メール

関連記事

  1. リサーチを企業が行っている理由

  2. イベントは動いていないように見えますが急速に新しい企画として立ち上がっている

    一つの製品に特化して企画を立案するある手法

  3. 自社のマーケティング改善で、求人できる体制を作るという手順も重要

    求人の前に!マーケティングが持っている営業力を顧客接点を活用する方法

  4. 謹賀新年

    マーケティングの活用ができたと実感できる提案を

  5. 改めて基礎を振り返った

    悩んだときこそ基礎の徹底

  6. どう考えるのかという企業の軸に視点が変わってきた

    企業の価値をどこまで高められる事業企画を作成しているか

セミナー案内

 

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ