社内にあるツールを活用したBtoB企業のSNS戦略の立て方

SNSの魅力である「繰り返しの投稿」が可能

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

企業がSNSを使おうと思うと、様々な壁が出てきます。
消費者向けなら、SNSを宣伝として活用すると効果が一定の数字で見ることができます。
BtoB企業の場合、消費者が直接SNSを見て「それほしい!」という効果は期待できません。
企業の効果は、、、と考えると受注です。
受注に直接結びつかないとイメージしがちなので、SNSの活用に大きな壁を感じる企業が多いようです。

SNSの魅力である「繰り返しの投稿」が可能

BtoB企業がSNSを活用して受注を獲得するなら、どのように利用していくといいのでしょうか。

それは「オンラインとオフライン」の活用が重要です。
SNSならオンラインの活動と考えがちですが、企業のSNSにはオフラインも合わせた活動を基準とするのが理想的です。
その理由としてBtoB企業が壁と考えている、SNSでは
「売り込みをしない」
があります。
製品の紹介なら、動画で全体を網羅するように撮影し、さらに解説を加えてしっかりと情報を伝えることが基本と思われています。
そこには企業が売り込みたい情報が盛り込まれています。
この売り込みたい情報を打ち出しながら営業色を強く押し出さないのが、BtoB企業のSNS活用になります。
製品の全体像を語らず、軸となる強みをポイントをマt6お目、1つだけ、紹介するイメージです。
この方法なら自社サイトでの情報の一部を切り取って知らせることとなるので、SNSの魅力である「繰り返しの投稿」が可能になるからです。

企業のSNSなら、自社サイトとSNS情報は使い分けるといいようです。
その時サイトには、ツールなど詳細を掲載しておきます。
ツールとはパンフレットなどを指し、社内にあるツールがおすすめです。
自社サイトにパンフレットなどを掲載しておいて、そのお知らせとしてSNSで情報発信する方法です。

SNSを活用してみませんか。

 


自社製品やサービス認知度が増していけば、ビジネスが広がっていき、次の展開に向かうことができます。
プレゼンだけでなく自社を知ってもらうための一番の近道が提案書です。
様々な場面で活用できる提案書の企画・制作・戦略サポートをコンテンツマーケティングオウンドで行っています。

サマンサハートお問い合わせ電話メール

関連記事

  1. 試食会マーケティング【youtube】

  2. オンラインとビジネスの融合を図式にできる

    いまごろ知った、日常に起こっているオンラインの様子

  3. どのアイデアも案も悪くないのに決まらない、動けいないには理由があった

  4. マーケティングを使うことで新しい視点&活用から市場が広がる

    マーケティングが心に響くかの3つのポイント

  5. 目的が手順を書くことで見えてくる

    新しい集客できる企画を構築する際の落とし穴

  6. 提案書ができたらマーケティング活動とセールス活動を分担

    提案書作成に関する社内構築&経費の関係性について

参加受付中のセミナーのご案内

協力会社との関係構築

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ