企業が顧客に対して初めての提案をするならば、マーケティングをフル活用する!

顧客心理に合わせたマーケティングスケジュールを組む

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。
************************************
新製品のマーケティング企画戦略策定セミナー ~4月7日開催セミナーのご案内~
https://samanthaheart.com/news/seminar20210407
************************************

これまでに行ったことがない企業での提案に行く時、どうしても躊躇して入り口で足がすくんでしまったことがありませんか?

それって今までは
営業力とか、気合に入れ方の問題とされてきました。

しかし最近は気合では乗り切れないとも言われています。

さらに提案を受ける企業側からすると、いい提案ならぜひ知らせてほしいし、無駄のない打ち合わせを進めたいと考えるので提案してくれることが分かれば、相手の様子もホームページで確認します。
気合で来られても・・・ってところもあるのではないでしょうか。

ここから見えてくるのは提案をする側と受ける側がいるということ。
提案を受ける側と提案する側の両者の溝を埋めると、提案する側は「提案することに躊躇しなくてすむ」コトとなります。
それには仕掛けが必要。
仕掛けとは顧客心理に合わせたマーケティングスケジュールを組むこと。
決して、相手をだますわけではない本物の提案が仕掛けです。

その仕掛けとして、提案書を活用することをお勧めします。

顧客心理に合わせたマーケティングスケジュールを組む

はじめての提案書では、自社のことを伝えたり、製品を伝えたりと提案先にいろいろと理解してもらう必要があると考えますよね。
提案したいことよりも先に、概要が入り本題までが長くなりそうだと思うわけです。
確かに概要のことを考えますが、躊躇する傾向があるならそれは概要が問題なのではなく、会社や製品のアピールに提案が偏りすぎているからかもしれません。

はじめての提案はマーケティングの流れに沿って手順良く提案書を作成しておきます。
そこでは自社の紹介などは必要なく作成を進めます。
また、製品をアピールすると機能や性能などが中心となるので、この点もいい提案として未来の姿を先にご提案することをお勧めします。

この先は提案書作成のテクニックとなっていきます。

 


では提案書作成のテクニックとはどのようなモノでしょうか?
サマンサハートでは、提案時に企業が作成する具体的な内容をどのように書くのか、
また提案をどのように進めるのか、顧客心理を理解したマーケティングスキルのご提案しています。
サポート内容・戦略提案は複数、柔軟にご案内しております。
是非お気軽にお申込みくださいマセ。

サマンサハートお問い合わせ電話メール

関連記事

  1. 自然と顧客を呼ぶ活動は会場でできる

    展示会の準備期間にはアクションマネジメントが重要

  2. 会議でのコミュニケーションって、当たり前じゃないかと思われがちですが、 意外と社内、社員間の改革のpoint

    書く社内コミュニケーション戦略

  3. 企業のメディア活用のメリットとは?オンライン時代の組織型広報戦略

  4. 「ここだから、ここにいるからこそ、働ける!」と実感している女性を生み出す

    女性の働きがいと最近の活動状況

  5. 告知文とセミナータイトルは違う!

    セミナー集客を成功させるちょっとしたコツ(2/10)

  6. オンラインを活用することでターゲットも変化しているそれに合わせた&1歩先

    展示会出展後の顧客の行動と向き合う

セミナー案内

 

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ