製造業を中心とした企業におけるここだけはいつもぶれないという戦略とは

顧客に対して提供する&他ではまねができないその企業オリジナルの強み

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。
************************************
新製品のマーケティング企画戦略策定セミナー ~4月7日開催セミナーのご案内~
https://samanthaheart.com/news/seminar20210407
************************************

新潟の中小企業様が事業再構築を考えるとき、マーケティングをご活用いただいています。

マーケティングを活用していただく中で、事業が進行していくのに重要なモノが製造業様を中心としてあります。
それは殿企業様においてもぶれはありません。

ブレがないのは、企業様が方針展開を具体化するときもです。
企業様の中にはそれは「ブランド」だとおっしゃる方もいます。
ブランドになっていたとしたら事業計画、事業戦略はとても書きやすく明確になります。

その重要でぶれないモノとは、

「技術戦略」

です。
他の機能としては、生産ライン、製品企画、社員育成、材料仕入れ、知財管理、経理などがあります。
機能は企業のフェーズにおいて使うツールが変わってくると変化していきます。
しかし、創業当初からの技術がどこから生まれてきたのか、
どのようにブラッシュアップされたのか、
は、ものづくり・カタチづくりの企業における中核事項だと確信しています。

顧客に対して提供する&他ではまねができないその企業オリジナルの強み

事業計画書作成のサポートを行っていく際に技術戦略を重要だと感じる理由は、
企業のビジョンと繋がっているから。
ビジョンを司どるものとしてコアコンピタンスがあります。
クライアント企業様はどちらの企業様においても、このコアコンピタンスを持っています。
顧客に対して提供する&他ではまねができないその企業オリジナルの強みとして戦略の軸とすることができます。

はじめは明確になっていない企業様もあります。
また、初段階の技術戦略の構築の際には、自社の強みに技術が入っていると確信は持てていても、
明確になっていなかった企業様もいらっしゃいます。
フェーズが進んでいくと、「そうそう!」とおっしゃる場合が多く、
明確になっていくイメージに合わせ戦略を修正しながら、
少しずつ成果に近づいていくことがほとんどです。

企業様に技術戦略は欠かせません。
そして新潟の中小企業様は、製造業や建築業でなくてもサービスという「技術」を持っています。

この技術戦略、しっかりと構築していきたい!!と、いつも実践しています。

 


ではどのように進めれば技術戦略を明確に構築できるのでしょうか。
サマンサハートでは、戦略立案時におけるSWOT分析を行ったりコアコンピタンスを具体化し、
補技術戦略と販売促進の連携が組めるよう事業計画をご提案しています。
サポート内容・戦略提案は複数、柔軟にご案内しております。
是非お気軽にお申込みくださいマセ。

サマンサハートお問い合わせ電話メール

関連記事

  1. 相手を理解させることの手順を整理してあるとスムーズ

    マーケティングプロジェクトが企業信用をアップさせる

  2. マーケティングがしっかり出来ていることで楽にクロージングまで持っていくことができる

    BtoB企業がオンラインマーケティングを活用する時の持つべき視点

  3. 企業全体や社員ひとり一人がそれぞれの製品を製造していく目的を持って活動

    予定通りに進めながらWEBでの情報発信を自社の得意分野にする

  4. 「できないかもしれない」というイメージを排除する

  5. 企業が収益を出せる戦略にするために

    「企業が収益を出せる」ことになる顧客体験を構築する際の事前準備

  6. 顧客獲得の話を聞かせてほしい展示会に出展するから

    「なぜ、展示会に出展するのか」改めて整理した企業の事例

参加受付中のセミナーのご案内

協力会社との関係構築

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ