今こそ学びたいBtoBオンライン化と、ウィズコロナ時代の戦略

企業においても製品においても社会に価値のある情報として受け取ってもらえるのかが軸

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

新型コロナウイルス(以後コロナ)の情報が急に変わってきた感じはありませんか。
「社会性」があるか、という情報が軸だと感じています。
企業においても製品においても、社会に価値のある情報として受け取ってもらえるのかが
マーケティング戦略の軸となってきていると思うのです。

会社なら、
・コロナ対策やアフターコロナに関連した新サービス、新製品情報
・Withコロナ対応の事例紹介
・コロナ関連の自社データの更新について
・社内のコロナ対策の様子
などが、対応している&動いている会社として見られていると感じます。

例えば展示会で製品を紹介するにも、コロナ対策も含めた提案であるかが
提示してあることは重要となってきています。
コロナに対応し、なお市場とかかわっている情報の発信の仕方を顧客が見ていると感じました。

ここで考えられるのがオンライン化ですね。
社会性のある活動を考えるなら、自社サイトで、
『オンライン化の対応としてこのように変更しています』など変更点を情報として発信する

『(製造業である)当社の場合はここがポイントです』など自社の専門性を伝える

さらに図式化したものやサンプル、事例などを活用して、具体化させたものを見せる
こういった活動が考えられ、実際に顧客へのブランドイメージを高めることとなります。

企業においても製品においても社会に価値のある情報として受け取ってもらえるのかが軸

そこで、この製造業を中心としたオンライン化について、基本的な考え方と
オンライン営業やオンライン視察のデモンストレーションについて、
セミナーでご紹介させていただきます。

オンライン化に取り組みたいが全体像が分からない、
最初の一歩として取り組むべき施策が知りたい、
などのご要望に応え、リアルな会場でのご案内です。
ぜひ、オンライン化第一歩を踏み出してください。

*****************************************************

 


【出張講座】展示会・オンライン展示会出展を戦略的に行うための講座、開催中

 

******************************************

サマンサハートお問い合わせ電話メール

関連記事

  1. 見込み客を獲得するツールとして

    主催者が集客で迷わない4つのヒント

  2. 営業ではなくマーケティング部が集客することで営業がクロージングに行くことができる体制作り

    製品力を活かせていない時の販売促進に使える2つのこと

  3. 美容室に1本でも多く納品したい美容ディーラーさまへ

  4. マーケティングは社員全員で行いたいそう考える企業も多い

    「マーケティングの相談をしてから社員が変わった」という話

  5. テーマや方向性、知識に関してもプロジェクトの仕組みを作ることで引き継がれる

    社長が集客をしなくてもいいプロジェクトマーケティング

  6. オンライン展示会で成果を出すことができるためのサポートを提供

    いままでの常識を覆す新時代の最強ツールがオンライン展示会

セミナー案内

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ