BtoB企業がSNS活用しやすい年間スケジュールについて

実行していくことができるように年間計画を作成する

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

今やSNSを自社のメディアのひとつとして活用している企業が多くなってきました。
企業のブランドともつながりが考えて、コミュニケーション活動を構築している企業様もいます。

FacebookやTwitter、Instagram、LINE、Youtube・・・
SNSの種類も多いでっすが自社にみあったSNSの選択と活用をお考えです。

SNSの活用が当たり前となってくると、
・活用について計画を作り実行している企業
・「なんとなく」運用している企業
との差が出てきているのが、わたしの感想です。

SNS活用で成功している企業は、製品のブランド視点をいくつも持ち、認知拡大に活用しています。
実際の営業活動に繋げているBtoB企業様もいらっしゃいます。

関連記事;増販と増客のスケジュールはA4、1枚で!

では、うまく活用が進んでいない企業様は、どのように考えていけばいいのでしょうか。
そう言った企業様は単なる告知として活用になっていくようです。
例えば、ホームページの新着情報に年末年始のご案内だけが掲載されているなどと同じイメージです。
他にはSNSで会話をしているが、その会話だけで終わっている企業様も見受けられます。
これは直接受注には関係が無いように見えるので、厄介です。

実行していくことができるように年間計画を作成する

本来であれば、BtoB企業様の広報活動を支えてくれるSNSのはず・・・なのにです。
じつはそこには販売促進の年間計画が構築されていないことが原因の場合が多いのです。
一般消費者(コンシューマー)をファン化することとブランド価値をアップさせることがつながっているのは皆さんがご存じのことろ。
その企業ブランドをアップさせるのに時間がかかります。
時間をかけて構築していく顧客増の計画ができていない状況なのです。

関連記事;販売カレンダーを活用したプロモーションとは?

その状況を踏まえ、弊社では、販売促進の計画をクライアント企業様の毎年作成しています。
ファン獲得や新規&見込み客作り、問い合わせの増加などをスケジューリングして、実行していくことができるように年間計画を作成するのです。

今回その作成方法、活用法、効果、基本となるSNSと連動についてセミナーを開催します。
ぜひ、一度販売促進のスケジューリングをご覧になってください。

「2022年マーケティング実践計画ネタ48」

 


 

WEB担当者を付けサイト運営で顧客増を実現したいとお考えの企業様へのご提案をしています。
マーケティング活動を理解し、自社のサイトを動かす&問い合わせを増やす戦略を考え会社に提案する
ことができる社員を育成する勉強会「企画マーケティング塾」。
戦略の事例や実際の企画書の事例を見ながら、自社のWEB戦略を構築することができます。サマンサハートお問い合わせ電話メール

関連記事

  1. 次の顧客拡大のマーケティング活動は会社や製品の認知を広げる活動

    3年以上前に作成したパンフレットを使っている会社は要注意!マーケティン…

  2. マーケティング部を動かす社員さん、選び方ポイント

  3. ドーンとお金をかけずとも高い費用対効果を上げることができる

    セミナー集客を成功させるちょっとしたコツ(9/10)

  4. マーケティング活動ができていると見込み客のほうから問い合わせなどの行動してくれる

    セールス依存からBtoB企業が抜け出るという提案書の活用方法

  5. 女性チームの活躍の場が出来上がりそのものが具体策である

    女性がチームで活躍する事は本当にできるのか?

  6. 新製品は作るだけで売れるんではなく人がその製品に思いを入れ込んで新製品になっていく

    当社の事業計画2020年度を発表しました

参加受付中のセミナー

資料DownLoadまとめページ

マーケティング実践&活用お役だち資料まとめ【DownLoad】

月別アーカイブ