販売カレンダーを活用したプロモーションとは?

販促の話を個別に案件に合わせてご提案

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

IPC財団様のセミナーに講師としてお呼びいただき、「販売カレンダー」作成の研修を行いました。
マーケティングは実践なので、ワークショップが含まれるからご参加は難しいかな?と思っていたんですが・・
終わってみたら、とびっきりの販売カレンダーが出来上がりました。

特に事例で見ていただいた販売カレンダーに共感いただき、参加の皆さんが自社、自店の2020年度販売カレンダーをほとんど書き上げたのです。
今後ののマーケティング活動が楽しみです!!

「販売カレンダーを活用したプロモーションとは?」セミナー開催しました

セミナーの中では短い時間でしたが、販売カレンダーの意義を知り、自社の1年を振り返り、さらに「書く」というより「企画」してもらったのです。
ワークショップの時間も取り入れました。
研修の中に入れた理由は、講座に参加して理解しても、年間の計画って、会社に戻って「さて・・・書こうか」といってもなかなか仕上げることが難しいからです。
その点をご理解いただいて、年間計画を作って帰るぞ、と思ってくださった方が多くて、「この場面でこのタイミングで年間計画を作成する」って大事なことなんだと改めて思わせてもらえたのです。

ほんと、講座内であっても実践の重要性を感じた時間でした。

「販売カレンダーを活用したプロモーションとは?」セミナー開催しました

販売カレンダーのシートに記入をしている時間には、おひとりお一人に事業に合わせて、販促の話を個別に案件に合わせてご提案もできました。
「なるほど!」といってくださるその後からどんどんと書き足してもらう姿は、最高でした。

さて、ここからは次のステップとなります。
新しい年度に向かう時、今までと同じ活動では、成果は得られない。
皆さんが知っていることです。
結果を出すには、惰性ではなく、顧客のために考え出したオリジナルの企画で、企業や店舗を動かす必要があると感じている方も多いです。
その必要性を理解しぜひ、みなさんも書いて、さらにその書いた企画に沿って実践してみてください。
大きな変化を感じ取れるはずです。

販促の話を個別に案件に合わせてご提案

自ら考えたコトを実行する時代に、顧客を思い、自社の実践を行えるとってもいい環境にいることを最高だと感じながら動くことがとっても大事になります。

販売カレンダーは計画して売上を上げていくスタイルです。
なので、売り込みはしません。
マーケティングを活用して、自然に売れていくプロセスを作りこんでいくのです。

マーケティングを活用して、伝えていく連続の活動を計画、企画していきます。
セミナーでは、まずはその仕組みを知ってほしい、そして、企業や店舗でマーケティングの手法を導入してほしいのです。

 


 

 

サマンサハートお問い合わせ電話メール

 

関連記事

  1. 思考をまとめるのと同時に作業の確認を進める事ができるようにオリジナルに

    常に新製品の企画を抱えても、スムーズに展示会出展ができる

  2. 企画の維持管理について

  3. 技術や製品を魅力として打ち出す戦略をさらに展示会で強化させることができる

    次の手を打つための振り切ったマーケティング戦略がある

  4. 新規獲得までが設計されていきますし実践型にもなっていく

    新規獲得までを設計、面談率の上昇の図は着実に変化してきている

  5. 顧客のためのセミナーは次のつながりへと進めていくためのツール

    セミナー集客を成功させるちょっとしたコツ(10/10)

  6. 実績とセルフイメージを高めるために「行動の分解」をしていく

    学生に向けた『マーケティング』から学ぶ行動の分解

参加申込受付中のセミナー

無料メルマガ配信中

資料DownLoadまとめページ

マーケティング実践&活用お役だち資料まとめ【DownLoad】

月別アーカイブ