「販売カレンダーを活用したプロモーションとは?」セミナーが終了しました

販促の話を個別に案件に合わせてご提案

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

昨日、IPC財団様のセミナーがありました。

マーケティングは実践なので、
ワークショップが含まれるからご参加は難しいかな?と思っていたんですが・・
終わってみたら、とびっきりの販売カレンダーが出来上がりました。

特に事例で見ていただいた販売カレンダーに共感いただき、
参加の皆さんが自社、自店の2020年度販売カレンダーをほとんど書き上げたから。

まぢで、2020年1月からのマーケティング活動が楽しみです!!

「販売カレンダーを活用したプロモーションとは?」セミナー開催しました

短い時間の中で、販売カレンダーの意義を知り、自社の1年を振り返り、
さらに「書く」というより「企画」してもらったのです。

ワークショップの時間を入れた理由は、講座に参加して理解しても、
年間の計画って、会社に戻って「さて・・・書こうか」と
いってもなかなか仕上げることが難しいもの。

その点をご理解いただいて、年間計画を作って帰るぞ、と思ってくださった方が多くて、
「この場面でこのタイミングで年間計画を作成する」って大事なことなんだと
改めて思わせてもらえたのです。

ほんと、講座内であっても実践の重要性を感じた時間でした。

「販売カレンダーを活用したプロモーションとは?」セミナー開催しました

販売カレンダーのシートに記入をしている時間には、
おひとりお一人に事業に合わせて、販促の話を個別に案件に合わせてご提案もできました。
「なるほど!」といってくださるその後からどんどんと書き足してもらう姿は、
最高でした。

さて、ここからは次のステップとなります。
2020年は令和になり、今までと同じ活動では、成果は得られないといわれています。
結果を出すには、惰性ではなく、顧客のために考え出したオリジナルの企画で、
企業や店舗を動かす必要があるのです。

ぜひ、みなさんも書いて、さらにその書いた企画に沿って実践してみてください。
大きな変化を感じ取れるはずです。

******************************************

実はもう一回、販売カレンダー作成の講座は開催します。
作成して、企画を実践したい方がいらっしゃいましたら、ぜひご参加くださいね。

販促の話を個別に案件に合わせてご提案

自ら考えたコトを実行する時代に、
顧客を思い、自社の実践を行えるとってもいい環境にいることを
最高だと感じながら動くことがとっても大事になります。

販売カレンダーは計画して売上を上げていくスタイルです。
なので、売り込みはしません。
マーケティングを活用して、自然に売れていくプロセスを作りこんでいくのです。

マーケティングを活用して、伝えていく連続の活動を計画、企画していくのです。
セミナーでは、まずはその仕組みを知ってほしいと思っています。
そして、企業や店舗でマーケティングの手法を導入してほしいのです。

未来の結果を考えてほしい。

そんな、販売カレンダーを活用したプロモーションの講座です。
12月18日(水)

***************************************************

<年間のプロモーション計画を、戦略的に考え実施できるセミナー>

HPやSNSを上手く活用し集客・売上アップさせたい!
キャンペーンなどは費用対効果が良く無駄にせず上手く行いたい!
そんな想いを1年間の「年間販促計画カレンダー」に落とし込むだけで、
来年は目標達成のための活動がしっかり実践できます
!!

▼只今参加申込受付中!!詳しくはこちら▼
【2020年 マーケティング実践計画ネタ48セミナー】

****************************************************

 

 

サマンサハートお問い合わせ電話メール

 

関連記事

  1. 競り合いを抜け出し選ばれるための提案営業へ

    顧客の心を動かす条件!問題ではなく「課題」にフォーカス

  2. キャンペーン企画でサロンから受注されるディーラー営業マンにみてほしい

    結果の出る戦略を立てる前に行う重要な、あること

  3. オンラインのメディアならBtoB企業も使用しやすくなってきている

    メディアと反応率を変えるBtoB企業の活動

  4. ドメイン(事業領域)決定時の判断基準には名刺を整理することでできる

    BtoB企業の展示会出展後の裏ワザ

  5. BtoB企業がこれから重視するメッセージ戦略のベースとなるデータ

    アンケート調査をする時の5つの要素

  6. 実は求人プロジェクトはずっと以前から会社で行われていた

    求人募集のプロジェクトを作り、しっかり成果を出したい 

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ