協力会社についてのブログをマーケティングの視点で考える

顧客の様子を見ている&顧客心理段階を知る

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

土曜日や日曜日のブログは、サマンサハートに関するブログを書いています。
気が向いたり、サービスに興味がある方はぜひご覧ください。

サイトをご覧いただき、ブログを読んでくださっている皆さんは、「何かヒントがあるのでは?とみてくださっている」、私はそんなイメージを持ってブログを書いています。

このサイトでいつも閲覧数の多いブログが一つあります。
閲覧数が多いということに関しては、皆さんの会社のホームページも1つはあるのではないでしょうか。
弊社のお客様の中で、やはり同じく1つのブログがいつも閲覧数が多い、と言っている会社様がいらっしゃいます。
なぜなのかは、顧客の様子を見ている&顧客心理段階を知ることによって、閲覧数の理由をご存じの様子です。

弊社も先ほどお伝えした通り、閲覧数の多いブログが一つあります。
そのお客様の様子や顧客心理はある程度つかんでいます。
ですが、そのページでどのような解決をしたいのかの詳細は正確につかんでいるか、と言われたら、足りないとか分かっていない部分があります。

ところで、そのブログとは「協力会社がただの「仕事を振るだけの相手先」にならないこと」というブログです。
このブログを書いた背景をブログにさせてください。

顧客の様子を見ている&顧客心理段階を知る

 

私はサマンサハートを立ち上げる前に、美容業界にいました。
美容材料を美容室に売る卸売り業者です。
いつも美容室さんに訪問し、商材を届け、新しい情報をお届けし、美容室に必要な商品を買っていただきました。
その営業の仕事を順調に行うことができたのは、勤めていた会社の社員に対する対応の良さとマーケティングの視点を活用できたことにあると思っています。
目標数字が上がっていっても苦にはなりませんでした。
ただし、一つだけ疑問がありました。
「なぜ我慢して売らないのか?」です。
その商品が売れると美容室やそのお客様が豊かになるとわかっているのに、挑戦しない&自分のキャパシティを越えない商いにとどめる。←この理由がわかりませんでした。
その解決はマーケティングでクリアすることができたので、私はマーケティングを活用するすばらしさを覚えました。

マーケティングは営業のスキルアップだけではなく、事業の拡大や環境の変化をプロデュースする時も活用できます。
美容室にマーケティングが使えるとわかってから、どんどんとマーケテイングを活用した商品販売やメニューの販売促進に手を付けました。
スタッフ育成はそこにくっついてきた感じです。
店舗が育つこともマーケテイングはかなえてくれました。
私は、マーケテイングがプログラムで存在することで、会社は動きやすくなることを実感しています。

そしてマーケティングはスタッフ育成につながるとお伝えしたように、顧客との関係も構築してくれます。
協力会社は、顧客であるとこ考え方を導き出したのも、マーケテイングのおかげです。
一点集中になっちゃっうタイプで、程よくなんでもこなすナーーーんてことのできない私にマーケティングは大きな武器となりました。

協力会社との関係をマーケティングを活用して改善できたら、もっと素晴らしい関係と結果がでると理解しています。
会社が協力会社との関係を直接つながっていくことに重点を置き、喜びや感動を協力会社に提供し、感謝されて売り上げが上がるのです。
会社を二つ持つイメージなので大変さはありますが、やりがいもあります。
以前に美容室に訪問していて、美容室で商品やメニューが売れる姿をサポートすることが真の営業だと感じた時のことを思い出します。

今回なら、美容室ではなく協力会社1社1社とつながるマーケティング活動の取り組みが存在することを2019年の7月のブログでお伝えしたかったのです。

 


 

サマンサハートお問い合わせ電話メール

関連記事

  1. 補助金は売上の上がる事業計画をつくるチャンスと捉える

  2. 業務時間を短縮し、マーケティング力を身に着ける3つのポイント-1

  3. 美容室に1本でも多く納品したい美容ディーラーさまへ

  4. マーケティングとセールスはよく混同されますが似ているようで違う活動_画像

    コンテンツは企業のサイトの力となる

  5. 企業がこれから増販増客を目指していたら製品力をそのままぶつけるよりも

    結局、中小企業にとっての補助金申請用のマーケティングってなんだ?

  6. 展示会で差別化戦略は、はたして有効なのか

協力会社との関係構築

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ