展示会用メールアドレスの集め方

接触頻度を高めることで集客が可能になる

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。


【出張講座】展示会・オンライン展示会出展を戦略的に行うための講座、開催中

企業は、必ずと言っていいほど、メールを活用していらっしゃいます。
メールなら、問い合わせに対する返信や顧客との連絡やちょっとした打ち合わせに
使用しているというところです。

そのメールを展示会出展が決定したら、見込み客の集客に活用する話です。
展示会の場合、特にオンライン展示会では見込み客の集客はオンラインとなります。
ペーパーアイテムであるニュースレターやFAX通信、電話ではなく。
オンラインで集客できる方がスタッフの手間も費用も安くできます。

費用の点ばかりではなく、展示会でメールを活用する話を進めさせてください。
メールで集客をする時には、マーケティングの基本に沿って実践してきます。
そのpointは、接触頻度を高めることで集客が可能になるです。
接触頻度は1週間で考えていきます。
企業は1週間単位で動いていくから&週単位は接触頻度を高められるからです。

なので、メールを活用して展示会に集客をするなら、接触頻度を上げるために
メールを活用する、またそのメールを使って1週間に一回は活動を行う。です。

ここで!よくいただくご質問を。
それは、「2週間でも1か月でもいいのでは?忙しいし・・・」と、よくご質問です。
企業の事業計画の全体に対して行う集客の戦略ではなく、オンライン展示会の来場者を
増やすために行う実践を含めた戦術についてです。
なので、その展示会当日までのスケジュール期間中の活動を指します。
展示会の集客活動は長くて3か月。
期間が限られている中で戦術を確実に行うので、その期間内の活動は間延びすると
集客力を低下させます。
その意味で、1週間単位で動きながら接触頻度を高めていきます。

 接触頻度を高めることで集客が可能になる

ということで、肝心のアドレスの集め方は2つ。

1つはサイト上に登録画面を設けてアドレスを取得します。
企業サイトにある場合はそのまま登録をしてもらいますが、ない場合は展示会出展企画として
画面を設置します。
しかし、一気に大量のアドレスは取れませので、活動はクロスして行います。

そのクロスする活動が「名刺整理」です。
代表のところ&営業の方々のところには、名刺があり、その名刺にはメールアドレスが書かれています。
そのメールアドレスを整理し、メールを送ります。
メールの送り方&文章については、読んでいただく方法があるので、お問い合わせ&ご相談くださいね。
せっかく送ったのに、鬱陶しいと思う代表や企業もいて、送っても意味のない場合も出てきますもんね。

ところでメールを送り、集客を行っていくとある習慣がついてきます。
それはメールを送ることでできる“集まる”習慣です。
それまでは名刺を整理し“集めて”いたのに“集まる”ようになっていきます。

展示会というテーマが決まっているとノウハウの構築が早いですので、ぜひ集客をスタートしてくださいね。
今日もブログをお読みいただきありがとうございます。

 

******************************************

サマンサハートでは、動画作成、動画マーケティングのサポートも行っています。
また、企業が製品を世の中に送り出すときのプロジェクトを体系化して
コンテンツとしてお届けしています。
そのプロジェクトとして重視されている展示会。
オンライン展示会出展プロジェクトとして自社オリジナルの戦略立案、集客企画、アフターフォローまで
サポートしております。
是非お気軽にお申込みくださいマセ。

 


【出張講座】展示会・オンライン展示会出展を戦略的に行うための講座、開催中

 

 

サマンサハートお問い合わせ電話メール

関連記事

  1. 持っているイメージや思い知りえる情報を共有するためにも社員アンケートで情報収集

    集客につながる社内アンケートの取り方

  2. マーケティング活動は顧客数×コンテンツと考えると無限大

    社員も光る!サマンサハートのマーケティング活動

  3. 「集客できない」とご相談

    安心して営業するための集客と準備の関係

  4. クライアント様からの感想

  5. マーケティング活動を強化することで新規獲得が早くなる

    BtoB企業が認めないマーケティング戦略について

  6. 自然と顧客を呼ぶ活動は会場でできる

    展示会の準備期間にはアクションマネジメントが重要

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ