プロモーション戦略を改善するためのたった一つの手法

企業からのオファーを受けるプロモーション戦略を行う

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

プロモーションのブログを書き始めてから、すぐに「プロモーションって難しいよね」と
コメントを製造業A社様から頂きました。

最近のプロモーションに関するブログ;
BtoB企業のオンラインとオフラインのプロモーションにこだわりを
サイト充実のためのヒアリングから見える「顧客の声」の集め方
メディアの2つの視点とその一つが企業に直接役立つことについて
オウンドメディアに関するBtoB企業の悩み

プロモーションとはマーケティング戦略の中の一つで、
A社様の言っているプロモーションはプロモーションそのものよりも、
「プロモーション戦略に難しさを感じている」と意味しています。
顧客が「なるほど!」と必要性を感じ、企業の製品を顧客の事業の中に組み込むという購買意欲を
喚起する必要があるからです。

そして、オンライン展示会などに代表される様にオンラインを活用した
顧客の購買意欲喚起の戦略が出てきているためです。

そのためのフレームワークもたくさん用意されています。
さらにそのフレームワークを活用して、体系化されたものを提供しているマーケターも
たくさんいらっしゃいます。
サマンサハートもそれを学びと活用のコツを実践から取得し、BtoB企業に提供しています。

すると学びを活かして実践的に成果を上げる本来のマーケターの活動を
BtoB企業が行うのはハードルが高いと思って、A社は「プロモーションって難しいよね」と言ったワケです。

 企業からのオファーを受けるプロモーション戦略を行う

しかし、プロモーション戦略を立案するのが難しいと、思う企業様もいらっしゃいますが、
決してそんなことはありません。
BtoB企業様やA社様も、プロモーション戦略を全くやっていないことはないからです。
現在のプロモーション戦略を改善するのが難しい、というのが本当のトコロだと感じています。

例えば、顧客が購入検討するための問い合わせをA社が受けたり、今までしていたわけです。
ですが、A社みずから顧客に認知させるための活動を毎月行ってはいなかった。
顧客からの問い合わせに答えるプロモーション戦略はもともと持っていたが、
自社自らプロモーションを行い顧客が問い合わせや受注をしたくなるような活動は行っていなかった、
というのが実のところです。

ということは企業からのオファーは受けることができるから、
その数が増えるプロモーション戦略を行うのが、企業が改善できる手法となります。

その手法も、知らせるという一手。
メディアを活用する一手です。
メディアの種類はいくつもありますが、BtoB企業ができることは自社のサイトを活用する戦略です。
サイトを充実させることはプロモーション戦略の軸、と言っても過言ではありません。
自社のホームページを見て、「もっとこうしたいな―」を具体化させましょう。

 

 

******************************************

サマンサハートでは、動画作成、動画マーケティングのサポートも行っています。
また、企業が製品を世の中に送り出すときのプロジェクトを体系化して
コンテンツとしてお届けしています。
そのプロジェクトとして重視されている展示会。
オンライン展示会出展プロジェクトとして自社オリジナルの戦略立案、集客企画、アフターフォローまで
サポートしております。
是非お気軽にお申込みくださいマセ。

 


【出張講座】展示会・オンライン展示会出展を戦略的に行うための講座、開催中

 

サマンサハートお問い合わせ電話メール

 

関連記事

  1. クライアント様からの感想

  2. 自社の常識に縛られていていたら分からなかった真空マーケット

    サマンサハートが考えるマーケティングの4つの成果<その2>

  3. プロモーションの流れの注意点は思い切って段階に分けて紹介していくこと

    企業がイベントプロモーションを活用している件

  4. 革新するのは技術だけではない

    自社の新規事業とその戦略はこの分析から

  5. 成果に結びつくには、戦術の工夫ではなく、戦略立案

    戦略立案の6つのポイントをまとめました!

  6. クロージングの手伝いをしてくれる資料作成は何を考えないといけないか?

    マーケティング視点のオンラインで使用するスライド作成

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ