BtoB企業がテレビCMをしないなら何をするのか

この購入の選択は正しかったと成果につなげたい

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

BtoB企業のメディア活用にテレビコマーシャルが含まれますが、
TVCMは行っていますか?

お聞きすると「ウチなんてマダマダ・・・」とCMを出せるといいな、とは
思っていても、そこまで手が届かない、という企業もあります。
活用メリットを考えれば当然です。

サマンサハートは、CMもお勧めします。
ですが、手が届かないという企業様には、SNSも活用をお勧めします。
もちろん、SNSは今や企業にとって最高のマーケターですよね。
企業のオウンドメディアに誘導して、見込み客が集客できたら、営業に渡す。
というメディアを活用したマーケティングプログラムがあります。
CMもお勧めですが、まずは自社内でできるメディアの活用を推薦します。
主な理由として、純粋な気持ちから自社サイトなどメディアを見て問い合わせをくれる。
また、SNS~誘導されてきた見込み客が話を聞きたい人が存在している。
そして、御社の技術や製造工程などを自社のホームページなどを見ているから最も分かっている。
さらに、お金がかからない(笑)。

そこで、CMほどインパクトはないですが、SNSや自社のホームページなどを活用する企業が
増えているのです。
ここで集まった顧客は「御社にお願いして良かった」と実感しています。

この購入の選択は正しかったと成果につなげたい

企業は、「当社の技術を活用してもらえれば・・・」と思っているのですが、
ここで大きな差が生まれてきています。
企業は、メディアを通して自社のアピールをして受注をもらいたい。
このことと違う点が、顧客は発注しようとしている企業の様子や実績を見て
未来の成果を想像している。
さらに企業が顧客に提供したものがわかりやすいと満足度が増す。

だから、自社サイトやSNSを充実させる。
企業の製品や技術はとても高額な仕入れですから、顧客とすれば
「この購入の選択は正しかった」と、成果につなげたいところです。

企業が自社のメディアを活用して、紹介をしていかないと、
・他社に頼んでしまう
・作れないとあきらめてしまう
・自社の力がないと思い込んでしまう
のです。

メディアの活用は、企業が顧客に安心をお渡しするモノだと思っています。
なのでBtoB企業がテレビCMをしないなら何をするのか、
自社サイトに技術の概要を紹介して、SNSのリンクをはることで自社をメディアに載せていく!
pointはSNSだけで集客をはじめ、ビジネスをしないということです。
BtoB企業の場合なら、自社サイトに企業の大事なコンテンツの載せるのです。
技術の概要や役立つ使い方、そして企業内の活動の様子などを掲載していくことで、
SNSのリンクが活用できます。
自社サイトに宣伝だけを掲載していて、
SNSに「ブログを更新しました」と書き込みをするのは意味がありません。
ちなみにその際は、公式の企業のページを作ってくださいね。
投稿している情報も企業向け、そして掲載をリンクするのも企業、
そのリンクを見るのも企業なのです。

専門的な情報を掲載する理由もここにあります。
確かに、専門用語だけですと新規が獲得しずらい点もありますが、
BtoB企業のサイトをメディア活用する際は、やはりターゲットは出会いたい顧客に向けて、デス。

******************************************

サマンサハートでは、ブログ文章作成、コンテンツマーケティングのサポートも行っています。
また、企業が製品のコンテンツを継続して発信するときのプロモーションを
体系化して、メディア対応も含めてサポートいたします。
コミュニケーション活動のワンストップサービス、略して「コミュ活」
是非お気軽にお申込みくださいマセ。

 


【出張講座】展示会・オンライン展示会出展を戦略的に行うための講座、開催中

 

サマンサハートお問い合わせ電話メール

関連記事

  1. 獲得したいターゲットに合わせたマーケティング戦略があるからできること

    今だからこそ展示会マーケティングで企業内にイノベーションを

  2. 展示会がオンラインになり展示会出展しなくてもオンラインで受注が取れるのがベスト

    受注が集客だけでできるならオンライン展示会はいらないのか?

  3. 今の時代に合ったマーケティング戦略と世界はコラボできる

    学ぶのではない、マーケティングの新しい世界

  4. オンラインを中心に商談を進める体制を整えることを先にはじめた

    オウンドメディアに関するBtoB企業の悩み

  5. 効果的に進めるには社員さんがマーケティングを自動的に活用できること

    「思わず動きたくなる」企画に取り組む流れについて

  6. 「みんなの意見が必要なんだよ!」

    営業依存はもう限界・・・社内マーケティングの現状と課題

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ