戦略への次の一手がわかる!アンケート作成について

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

企業さんでしたら、アンケートを作成したことがあると思います。
企業さんのアンケートは、さまざまな目的で作成され、行われています。

目的には、取引先の顧客に向けて現状を知るためだったり、
展示会などのイベント会場でのアンケートだったり、
末端の消費者意見を集めるものだったり、場面もターゲットも様々です。
また、場面やターゲットが変わることにより
アンケートが、期待通りの結果にならない場合もあります。
目的が合致していると、期待通りの結果が集まりますし。
さらに、戦略立案もスムーズに進んでいきます。

特にBtoB企業の場合は、戦略立案との関係で
アンケートが重要となります。
重要な理由はアンケートの質問によって結果が変わるからです。
特に、新規事業の場合は設問数やアンケートの流れ、
など気を使い、顧客に気持ちよく回答してもらいます。

そこで今回は、BtoB企業様向けのアンケート作成の5ポイントのご紹介です。

1、アンケートは答えやすい質問から

2、質問の数も多くしない

3、自由回答などは最後の方に持ってくる

4、回答しやすい環境をつくる

5、解答用紙の最後に個人情報取り扱い方針を明記する

先程もお伝えしましたが、
導入部分で回答者との信頼関係を築いた上で、
設問数や質問形式・設問の流れなどを意識してアンケートを作成します。

この意識により回答率が変わってきます。
また回答数が多いと、正確性の高いアンケートになります。

関連記事

  1. 参加者を想定して日時を設定したら、まずは集客をしてみましょう

    セミナー集客を成功させるちょっとしたコツ(3/10)

  2. ターゲットにより近づくことが動画マーケティングを動かす時のテーマ

    展示会に合わせた製品動画はバズらせない

  3. 選び方を伝えることで選ばれる確率は上がっていきます

    製品を探している企業へ「自社を選ぶといいよ」と選び方を伝える

  4. マーケティングプロセス、活用の秘訣

  5. 課題構想と基本方針の2つの分析のため、変更しない点を確認

    BtoB企業が大型企画をやめた理由と代わりに立てた戦略

  6. イベント本質であるその回の「イベントのコンテンツ」を打ち出すこと

    コンテンツを間違っていたら、イベントで集客するほどダメになった

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ