SNS vs メールマガジン、BtoB企業にとってどちらが効果的?

「思い起こさせる」行動をさせるのがメルマガ

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

メルマガよりもSNSの時代と言われています。
そして、コンテンツが大切、ブログのような情報発信は古いとも言われています。

しかし、BtoB企業のマーケティングではそうではありません!

理由は、今でもデータのやりとりは、SNSのメッセージではなくメールが主流だからです。
SNSはどんどん進化し、タイムライン以外にもメッセージ機能が必ず存在し、コミュニケーションの手段としてSNSがサービスに組み込まれています。
なので、連絡などにSNSのメッセージを便利にお使いの方もいらっしゃることと思います。
ですが、BtoB企業にとっては、発注への問い合わせなどもメールが活用されていて、会社の公式な連絡先としての役割を果たしています。

特にBtoB企業にとっては効果的である理由はいくつかあり、SNSとメールマガジンでの違いをリスト化してみました。

1、リーチとアクセスのしやすさ
・SNS
SNSは広範囲にリーチでき、多くの顧客や見込み客に素早くアクセスできます。
フォロワーや友達のネットワークを通じて情報が拡散されやすく、クチコミを利用したバイラルマーケティングにも適しています。
・メールマガジン
メールは個別に企業や担当に直接届くため、ターゲットに確実にリーチできます。
受信者がメールを開封する限り、確実にメッセージを届けることができ、広告としてのメルマガならさらに深い関係を築くことができます。

2、ターゲティングについて
・SNS
広告掲載についてより簡単にできるようになっていて、年齢、性別、地域、興味関心など細かなターゲティングが可能です。
しかし、ターゲットに対するリーチはアルゴリズムに依存する点は理解しておきたいところです。
・メールマガジン
メールリストをセグメント化することややりやすくなっているため、最近特に購買履歴や興味関心に基づいた細かなターゲティングが可能なところは注目されています。
過去の行動データに基づいてパーソナライズしたコンテンツを提供でき、ターゲットに対する精度の高いアプローチが可能です。

3、顧客との継続的で強い繋がりで作るマーケティング(エンゲージメント)
・SNS
リアルタイムでの反応が来ていることがわかりやすく、コメント、シェア、いいねなどからエンゲージメントが期待できます。
ユーザーからのフィードバックを迅速に得られる点が魅力です。
・メールマガジン
メールは個別対応が可能で、詳細な情報や長文コンテンツを提供でき、サイトへの誘導も可能です。
開封率やクリック率などの指標を通じて、メールを受け取っている顧客の反応を詳細に把握することができます。

4、コストとROI(投資効果)
・SNS
SNS広告を活用する企業が増えてきていて費用や投稿の作成、管理にはコストがかかることが多くなってきています。
ですが効果測定が容易であるため、投資対効果を追跡しやすいのが特徴です。
・メールマガジンメルマガ自体い広告としての役割もあり、コストが比較的低く、高いROIが期待できます。
特に、既存顧客へのフォローアップや再アプローチに効果的です。
メルマガやダイレクトメッセージでキャンペーンを実施した場合にも、結果を詳細に分析でき、次回の施策に反映させることが容易です。

5、コンテンツの寿命
・SNS
投稿したコンテンツの寿命は短い方です。
タイムライン上情報を見ることが多いため、迅速に流れていってしまうことが多いため、継続的な投稿が必要です。
・メールマガジン
メールは受信トレイに留まり、後で再確認することが特徴です。
保存性が高く、長期間にわたって参照されることも多く、SNSと比較して情報の賞味期限が長くなります。

ここでは比較をしていますが、SNSでの情報発信はメルマガを含むメールマーケティングと考えることができます。
会社の住所であるメールアドレスを知っているまた、SNSでメッセージを送ることができるということは、企業は有利ということ。
それは、マーケティング活動がSNSの場合もメルマガの場合もあるということにもなります。

事例としては、企画立案時に顧客や見込み客にメッセージを送る場合にも、両方の活用が有効です。
SNSでなんとなく見た情報でも、メールアドレスから送られたメッセージで確認でき、BtoB企業の営業活動の認知拡大フェーズを確実にでき、顧客を増やすために有効となります。

SNSをどう活用するのかは重要

なので、どちらが企業にとってより効果的か、さらにどちらもうまく活用できるか、をBtoB企業も考えていくことはメールマーケティング活動であると言えます。
その場合、企業にとってSNSとメールマーケティングのどちらが効果的かは、目的やターゲット、リソースを確認し活用して欲しいところです。

◼︎SNSが効果的な場合
・ブランドの認知度を高めたい
・若い世代やSNSアクティブユーザーをターゲットにしたい
・リアルタイムでのエンゲージメントを求めている
・広範囲にリーチしたい

◼︎メールマーケティングが効果的な場合
・既存顧客との関係を強化したい
・高度にパーソナライズされたメッセージを送りたい
・BtoBマーケティングで正式なコミュニケーションをしたい
・コストを抑えつつ高いROIを期待したい

これは幅広い顧客層に認知拡大ができるメールマーケティングの活動となります。


メルマガは見込み客&顧客にに直接アピールする手段として非常に有効です。
また、大きな影響力を持っています。
サマンサハートのメルマガ文章代行サービスは、15年以上培ってきたブログとメルマガ配信ノウハウによりマーケティングの仕組みを使って顧客増をサポートいたします。

samanthaheart.content-marketing

関連記事

  1. samanthaheart.contents-marketing

    問い合わせ増の鍵は”自社サイト”!BtoB企業のためのコンテンツ戦略解…

  2. samanthaheart.strategy-tactics

    良い製品で認知度を上げて売る、マーケティング戦略

  3. samanthaheart.business-project

    営業に変化を起こす事業企画とは?

  4. 問い合わせがくるなど企業にとってさまざまなメリットが

    いま認知度が低い・・・と思った時に行うのはBtoB企業の場合、マーケテ…

  5. マーケティング戦略構築を通じてこれらの課題を解決

    見込み客集客のノウハウ提供で変わる「提案」と顧客拡大

  6. マーケティングは社内業務、集客活動、販売促進、リサーチなどを実践する中で効率的にしていくのは必須

    時間短縮とマーケティングが企業の新しいマーケットをつくる

≪受付中≫ 個別相談ですぐに解決!

今すぐ受講できる!無料WEBセミナー

無料メルマガ配信中

資料DownLoadまとめページ

マーケティング実践&活用お役だち資料まとめ【DownLoad】

月別アーカイブ