展示会における商品力と販売促進の視点

新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

展示会のマーケティングプランについてお手伝いをさせていただくことが、春から増えてきます。
(※マーケティングプランについては前回のブログも見ていただくとわかりやすいです。)
現在BtoB企業様と、展示会のリサーチ~準備を中心に動いているところです。

「展示会は秋だろう・・・なぜこんな早くから準備するのか?」
とのお声を頂くこともあります。
理由は当然、自社の集客力アップのためです。

展示会に出展して目指す成果を得るためのマーケティングプランをサポートする中で、
『見ていただける、触ってもらえる、関心を持ってもらえる自社の商品や技術は何か?』
『さらに、その力を発揮させる展示会戦略はとのように構築するのか?』
を決め、展示会の前から集客活動を行い、成果に導くのです。

展示会出展は、
全部担当者一人でやりきることができない大きなイベントです。
だからこそ、社内全体(もしくは社内プロジェクト)で取り組み、
成果を達成するためのマーケティング活動を構築していきます。
展示会をきっかけに、自社を変える位、その後の営業や売上に影響が出る場合があるからです。

展示会には「企画の立案」と「販売促進」の2つの要素が組み合わされています。
つまり戦略と戦術、マーケティング全体が仕組みとして機能している状態です。
要は、マーケティング(展示会での売れる仕組み)をプランニングできた企業が
展示会で目立っている、集客できている状況になっています。

近々展示会の戦略についてのセミナーが開催されますが、
セミナー前に、いち早く【展示会での販売促進の流れ】についてご紹介させていただきます。

【展示会での販売促進の流れ】(一例です)
自社の強みとなる商品やサービスを売るための
「自社が展示会に出展して〇〇したら〇〇できる」を考える(これが展示会マーケティングプランの軸となる)

すると顧客が〇〇をしてくれる

なので顧客のニーズが合致していると分かる〇〇で広報する

それにより顧客が反応してくれる

この反応には顧客の〇〇の活動を促すので問い合わせが増える

問合せに対しては、顧客に〇〇で対応できる準備を展示会に合わせた形で整える

営業は〇〇のツールを持って顧客に対応し、展示会への集客を行う

これにより展示会出展で受注が獲得できる

この一例のような、
一連の物語通りに実践することがマーケティングプランの最終段階です。

マーケティングプランは、
一度作成したら、実践までがプランの流れに組み込まれます。
サマンサハートでは、必ずこの『実践』までをサポートしています。

そして、作成したマーケティングプランは定期的に見直しも行います。
顧客や市場も変化し続けるからです。

こちらを読んでくださっている展示会へ出展される皆様。
展示会の売れる仕組み作りから会社の総合的な商品力アップと、販売促進強化のきっかけとなるよう、
マーケティングプランそのものを進化させていきましょう!

 

関連記事

  1. メルマガ反応率を上げるポイント

  2. イベント集客も仕組みになっていて製造ラインのように次に何をするのかが決まっている

    イベントの集客ヒント「やるべきことのグループ分け」

  3. マーケティングリサーチとターゲット設定

  4. 企画アイデア

  5. 変化をもたらす新しい2016年を迎える前に

  6. 『マーケティング的営業カバンの中身とは(1/3)』BtoBマーケティン…

月別アーカイブ