強みを活かし、戦略を発展させるSWOT分析の使い方

samanthaheart.research-analysis

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

会社の事業展開戦略を考える上で、強力なツールとしてSWOT分析が挙げられます。
事業のスムーズな展開を促進するためには、戦略策定の段階でSWOT分析を使ってプロジェクト化することが重要です。
これにより、事前に会社の情報や市場環境情報を総合的に評価し、「何ができるか」を明確に理解でき、戦略作成がスムーズです。

戦略策定には詳細な情報収集が欠かせません!
そして収集した情報をSWOTシートに整理することで、戦略の発見が容易になります。
元々は分析するためのシートですが、戦略の立案に活用できるシートでもあるSWOT分析。
なので、SWOT分析は情報を当てはめて俯瞰することと同時に、戦略を考えて欲しいです。
導き出された戦略は整理し、ロードマップに配置することで、実現可能な戦略が増え、連動させて事業を拡大するための全体構成も構築できます。
このプロセスでは、情報の漏れや重複がないかを確認することが不可欠となります。

関連記事;効果的な集客施策のための自社分析のポイント

戦略を強化したい場合、SWOT分析の中でも重要なポイントがあります。
それは「強み」です。
SWOT分析は、自社を取り巻く環境要因から現状の課題を把握する手助けとなります。
これに基づき、課題を改善しながら事業を拡大する場合、会社の強みを軸に据えた戦略が有利であると言えます。

強みを軸にした戦略は、マーケティング戦略を進めることで事業がステージアップします。
この戦略の修正やバージョンアップは、定期的なSWOT分析によって進めることができ、非常に重要です。

samanthaheart.research-analysis

自社の「強み」を軸とした戦略は定期的に見直しもお願いします。
SWOT分析の見直しは、事業の発展に寄与します。
マーケティング活動やプロモーション活動もより明確になります。
SWOT分析を実施する際には、代表者だけでなく、チーム全体で取り組むことがおすすめです。
社員の視点や意見を取り入れ、より多角的な分析を行うことで、より有益な戦略が導き出されるでしょう。

関連記事;本格的に戦略を立てたことがない企業向けはじめての戦略立案の手順

「自社の事業が体系化しない」「いまの事業を効果的に進めたい」といった課題がある場合は、ぜひSWOT分析を実施してください。
事業全体と現状の課題を総合的に分析することで、俯瞰的な視点から課題を発見しやすくなり、事業戦略の構築がスムーズに進むことでしょう。


社員向けのアンケートはいわば「企業活動の裏付け」。
事業の推進で共有事項や、目的達成の課題に応じて無限大に応用できます。
サマンサハートはマーケティング分析をサポートしています。

samanthaheart.research-analysis

関連記事

  1. 結果が出せるマーケティングなら実践できる理由を解明

    結果が出せるマーケティングなら実践できる理由を解明

  2. 提案書の裏に隠されているメッセージを提案先に理解してもらうために

  3. 社員がノウハウではない実践のマーケティングを受け取る

    「顧客増」に対する社員の理解度がバラバラ。そんなときの企業の対応策は?…

  4. デジタルツールを使って顧客とコミュニケーションが取れるようになりました

    経費と手間をグッとおさえて顧客との関係性をつくれるようになった

  5. しかもモノが売れていく結果が伴うもの

    協力会社との関係が上手くいっている企業は顧客獲得に困らない事情

  6. 自分たちで企画しないと 顧客の成長がない

    売れ続ける仕組み作りにシフトした代表の言葉を掲載。

今すぐ受講できる!無料WEBセミナー

無料メルマガ配信中

資料DownLoadまとめページ

マーケティング実践&活用お役だち資料まとめ【DownLoad】

月別アーカイブ