オンラインで変わった、営業マンがいないBtoB企業のクロージング方法

製品力がある企業様は、製品のブランド力で

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

現在、BtoB企業様のセールスに結び付けるマーケティング活動のサポートを行っています。
その企業様は、営業マンがいないBtoB企業A社様です。
代表のものづくりの製品力がブランドとなり、素晴らしい製品が生み出されています。

A社様は営業マンがいないからこそ、HPで顧客増を狙いました。
企業様は今、HPを活かしマーケティング活動をすることで顧客増の成果を出しています。
営業マンがするのはクロージングやセールス、そしてマーケティングがするのは見込み客を増やすこと。
そのHPでできる、マーケティング活動として顧客増の実践を行ったのです。
BtoB企業様はオンラインでの活動が増えてセールスを度の湯尾に行うのか、戦略策定を迷う場合も出てきています。
明確にセールスを持たない、と言い切れないのが現状です。
ですが、A社様のように製品力があるBtoB企業様の場合、あえて営業マンを持たずマーケティング戦略を現在の社員だけで行うのは、可能です。

 製品力がある企業様は、製品のブランド力で

それは中小企業の戦略と言われてます。

もしも、営業マンがいたとしたら、相手を観察すること&見抜くこと、相手の視線、表情、動作、うなづき、声の調子、目の輝きなどのクロージング手法などで見込み客の設定やクロージングが可能です。
そんな中、オンラインが顧客増に活用できると分かっているため、ありがちなのはHPに営業をさせてしまうこと。
BtoB企業様のHPの場合は、セールスに活用させず、相手の表情などは見ることができない理由も含め、顔が見えない見込み客の顧客心理を突いた、誘導に効果があります。
誘導は製品ページや業務の紹介ページです。

そこでご提案したのはA社様のように製品力がある企業様は、製品のブランド力でクロージングが可能である点です。
なので、顧客が来社した時をセールスする場面と決めて、見込み客を集めるマーケティング戦略をお勧めしました。
顧客がA社に来社にて工場を見学したり、製品について打ち合わせなども含め商談をすること=セールスとし、戦略をご提案しました。
その戦略の決定と同時に、商談までたどり着くためのHPを使ったマーケティング戦略の構築をしました。

ぜひ、御社もマーケティング戦略を構築し、今あるHPを100%活用してください\(^o^)/

 


戦略がはっきりしていると、BtoB企業の場合、製品力にさらに磨きをかけることができます。
製品力の強化のためにも、マーケティング戦略を構築することはお勧めです。
策定する前に全体像を知っておくと作りやすいので「戦略のシナリオ」をダウンロードできるようにしました。
ご活用ください。

資料
『戦略シナリオシート2021年度版

ブログ記事
製造業・建築業・卸売業で提案書活用ができてないなら必見!戦略立案6つのポイント【資料を無料DL】

 

サマンサハートお問い合わせ電話メール

関連記事

  1. 提案書に沿った活動は、今まで行き当たりばったりだった提案から抜け出せる

    新年からイノベーションを起こす顧客への提案書

  2. 展示会でブースに立ち寄ってもらうにはブランドイメージがあること

    展示会に出展するだけなのに、なぜブランドイメージが必要なのか

  3. 企業がイベント集客に集中でき結果が出せる理由

  4. 立案した戦略は顧客を購入へと導く戦術へと落とし込み顧客増を実現

    なぜ企画マーケティングで「差別化できる&実践型」の戦略ができあがるのか…

  5. デジタル運用の全体プランニングを構築

    事業企画が成果につながるにはスケジュールを強化する

  6. samanthaheart.strategy-tactics

    コスパの良いBtoB企業のマーケティング戦略に変更する方法

無料メルマガ配信中

資料DownLoadまとめページ

マーケティング実践&活用お役だち資料まとめ【DownLoad】

月別アーカイブ