事前に顧客が商談に来る動画を活用する理由

新規顧客が来ることを想定して動画を配信する

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

オンライン展示会でネックになるのは、
・オンラインの環境作り
・製品の魅力的発信
ですね。

オンライン展示会となると顧客が見つけてくれる戦術が重要となり、
その戦術で使用するツールが動画です。
単に今、youtubeが流行っているから動画がいいですよ!
とお伝えしているのではなく、展示会の性質上動画使いやすいんです。

オンライン展示会では集客が結果につながります。
顧客が見つけてくれる集客を重視することで、自社や自社の製品の→強みを打ち出しやすくなります。
オンライン展示会がきっかけとなり、自社の魅力を整理しながら集客につなげることができるワケです。

集客と言うと、展示会会場で呼び込みが想像できますね。
それをオンライン展示会にスライドさせると、顧客がオンライン展示会のネット上に
設けられた自社のブースに来てくれる、そんな環境です。
この環境に顧客を呼び込むこととなります。
社名だけがネット上に掲載されている状態だと、
何を「売り」としている企業なのかが見えないため、
オンラインで設置されたブースに顧客が立ち寄ることはないわけです。
そこで、自社を目立たせることが重要となります。

この呼び込むまでを流れにしてみました。
・顧客が売上増や顧客拡大のために、新製品や新企画を考える。

・新企画なら今ある製品をいかに売っていくのかを考える、
新製品なら今の技術を活かして売れる製品作りを考える。

・その企画を遂行するための情報や機材、製品が必要となる。

・ネット上で顧客は情報や機材、製品を探す。

・欲しい情報が見つかると顧客は企業のサイト内をさらに詳しく欲しい情報があるかを調べる。

・調べることによって企業が印象に残る、時にはブックマークする。

・企業のサイトを見ている顧客は求めているものはその顧客が解決したいコトやモノ。
解決につながる情報がダウンロードできる場合、資料をダウンロードする。

・企業はここで顧客の情報を入手できる(メールアドレス、FAXナンバーなど)。

・オンライン展示会の前の事前商談につなげることもできる。

・また、メールを送りオンライン展示会の出展を伝える。
その際には、情報を掲載し、顧客に製品の詳細を詳しく伝える。

・オンライン展示会の前の事前商談につなげることもできる、当日の商談時間の打ち合わせをすることもできる。

・オンライン展示会当日、事前に調べていてくれた顧客が商談に来る。

このような流れになります。
この流れの中で、オンライン展示会に集客するにあたり企業様に大切なのは、
いろいろな視点やいろいろな業態からから新規顧客が来ることを想定して、
動画を配信する!ってこと。
動画配信が、企業や企業の製品の強みを一番引き出しやすいのです。
そこで、何度も企業サイトから動画を配信することで、集客につなげていくことができます。
オンライン展示会の当日、顧客が誰も来ないなんて事のないように動画配信をしていきましょう。

新規顧客が来ることを想定して動画を配信する

もう一つ聞いてください、実はこの流れを伝えると最近企業様の80%が質問をくださいます!
同じ質問で、この質問がとても多いです。

それは
「事前に顧客が商談に来るのなら展示会に出展しなくてもいいのでは?」
です。

展示会やオンライン展示会など企業向けのイベントは、そのイベントがあることで集客をしています。
イベントごとがなかったら、集客ができないし、自社の強みを来場者に合わせて
提案することも時間を取られるため難しい状況です。

ぜひ、企業の強みをどんどんと配信して、オンライン展示会に集客してください!!

 

****************************************************

 

サマンサハートでは、動画作成、動画マーケティングのサポートも行っています。
また、企業が製品を世の中に送り出すときのプロジェクトを体系化して
コンテンツとしてお届けしています。
そのプロジェクトとして重視されている展示会。
オンライン展示会出展プロジェクトとして自社オリジナルの戦略立案、集客企画、アフターフォローまで
サポートしております。
是非お気軽にお申込みくださいマセ。

 


【出張講座】展示会・オンライン展示会出展を戦略的に行うための講座、開催中

 

******************************************

サマンサハートお問い合わせ電話メール

関連記事

  1. 会社がこだわりを持っているとそのこだわりに反応するお客様が現れる

    戦略立案の時に消費動向以外のデータを持っているといいこと

  2. 提案の重要性が増した今こそ、「提案力」を高める活動を社内で進める

    今必要な「提案力」を身に付け、NGと言われない戦略を提案するには?

  3. 詳細な顧客心理データの獲得も考えている

    企業が獲得できる市場規模を拡大するために

  4. 思考をまとめるのと同時に作業の確認を進める事ができるようにオリジナルに

    常に新製品の企画を抱えても、スムーズに営業活動ができる

  5. 購入へとつなげる際の判断基準として必要なことが書き込まれているか

    社員からのマーケティング企画を精査するときの注意点

  6. 顧客が獲得できる&集客ができる決定的な準備は4つ

    「このままではマズい」と途中で気がついた展示会出展

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ