自社だけの求人オリジナルページの必要性

求人募集について相談の中で多いのが、告知方法です。
求人が欲しい時、なかなか応募が来ない課題を抱えている企業も多いのではないでしょうか。
そこで自社のホームページに会社の求人募集についてのページを作成し、
告知を広げることについてお伝えしていきます。

職安への求人表も提出し、求人広告や求人サイトも活用していて応募がない会社

卸売り業のA社様は職安への求人表も提出し、求人広告や求人サイトも活用しています。
ですが、求職者の応募がないというのです。

そこで、A社の求人募集に関する活動内容をまとめてみました。
・ハローワーク掲載
・求人サイト掲載
・社員から家族や親戚への告知
などを行っていることが確認できました。
いろいろと告知をしているにも関わらず、求職者の応募がないのです。

明記されている内容は
・社名
・会社の住所
・求人の仕事内容
・給与
・福利厚生
と求人票の内容が求人サイトにも明記されています。

ですが、もっといろいろな人に知られたいと考えているわりには、
表記されていることはどれも同じで、活用しているツールが少ないと感じました。
この内容では、会社の仕事に対する魅力が見えず、比較されるのは給与のところばかりです。

会社にとって求人ページは活用されるべきサイトのページ

求人募集をしていることを会社の魅力を載せて、広く表現する

活用していくツールには方向性があります。
・知り合いに知らせる方法
・お客様に知らせる方法
・現場を活用する方法
・ターゲットを絞らず広く広告する方法
に対して使用するツールは変わります。
ですが、どれにも共通するツールが存在します。

ホームページ内の求人ページについて

それがホームページ内の求人ページです。
ツールで知ってもらったときも、誰か知り合いからクチコミで知ったとしても、
A社の名前を聞くこととなります。
その名前が記憶に残れば、ホームページを見ます。
求人を募集しているかどうかの確認です。
その時にホームページ内の求人ページを見ることとなり、そのページが重要となります。
それだけ、求人のページは重要です。
会社のホームページの中で求人ページが充実している会社には、
面接やインターンシップ、求人の問い合わせやクチコミが多いのは事実です。

関連記事;同業他社との区別される求人のためのマーケテイング活動

ホームページ内の求人ページとは、広告やコチコミなどから訪れる求職者が最初に見るページとなります。
求人募集していると知らせるページで、会社の様子を求職者に対して説得するようなイメージで、
順序よく会社概要と特徴、求人の内容を読み進めてもらうことで求職者の応募意欲を
高めていく効果があると考えられています。

求人ページのメリット

募集をしていても求人票をコピペして掲載していると、やはり他社と比較されることが多くなります。
反対に、社内を見ているとみんなが笑顔で仕事をしている、給与だけではないことがわかります。
求人票をコピペしただけの掲載ではその会社の魅力が伝わりません。

関連記事;求人(リクルート)戦略を立案した企業の変化

会社の魅力を伝える求人ページを作るには、メリットがいくつかあります。

・求職者が知りたい会社内情報を見せることができる
・求職者が会社で自分が仕事をするならとイメージしてもらいながら、読んでもらえる
・売り込む必要がないページで、気になる会社と意識を高めるようにコンテンツを構成、デザインできる

このように、まだまだ仕事を変えるなんて先の話だがとか、
ちょっと求人に興味があっただけという人も含めて求職者に対して、
ホームページ内の求人ページを読んでもらうことで、応募意欲をアップさせることができます。

それは、会社からの視点でも、有益なページだと思っています。

・ハローワークの求人票に合わせることなく、求人の募集を自社のテイストで表現できる
・社員の様子や福利厚生など会社の社員に対する想いを具体的に表現できる
・比較とするものが給料の金額や勤務時間ではない、働きがいやスキルを活かすことを魅力にできる
・求人サイトに継続的に広告を出すよりも具体的に働き方や求職者に対する会社の魅力を安価に制作できる

といったメリットが挙げられます。

通常の求人告知を新着情報に掲載するだけではダメなのか?

ホームページ内の求人ページの役割は、最終的には面接をしてもらうためのページです。
「だったら直接問い合わせてくれれば面倒ではない」「聞いてくれれば求職者に対応する」と
いう意見もあります。
しかし、通常の求人告知を新着情報に掲載することと求人ページとでは求職者に与える効果は全く違います。

・求人ページは読み進めるので、1読するとどんな会社か様子かわかる
・求人と言うコンテンツに焦点を当てた内容のため、求職者には思いを伝えることができる
・求職者は最終目的の応募へ導かれるため、ワンアクションで問い合わせがあり、面接につながる

このように、求人ページでは上記のポイントが当てはまります。

求人ページは求職者に与える効果は違う

いつも求人募集をしている会社は求人ページは効果大!

卸売り業のA社様で求人ページを作成しました。
この求人ページを見た求職者はA社のことが気になり、またページを見ます。
詳細が書いてあり会社に入社してからどのように仕事を進めるのかがわかると、
もう一度、見てから連絡を取ることとなります。
求人ページは、1度見て終わりではなく、何度も見るという特徴があります。
会社のことが詳細まで書いてあるので、見るたびに新しい発見があるからです。

これは、単に仕事を変えたいという人が問い合わせをするのではなく、
働きがいを求人ページから見つけた人が応募することとなります。
ということは、求人ページを読み込んでからくるので、自分の働き方について考えた人が
問い合わせすることとなり、面接も深い意味を持ちます。

関連記事;妥協した求人募集は相手にばれる

求人ページには社員の働いている様子だけを掲載するのではなく、
毎日の仕事の様子や福利厚生、スキルアップの手順などを掲載することとなります。
これによって面接時に将来の話まで聞くことができるのです。

そう考えると求職者が転職をしようと思ったチャンスはいつ来るのかわからないことを含め、
会社の求人はいつも掲載することとなります。
一緒に働く人を求めている会社にとって求人ページは適してます。

問い合わせ→面接へと繋げるには、求人ページで会社説明からダイクトに問い合わせや面接ができるよう
制作することがポイントです。

まとめ

求人ページを作成し、広く知らせることをお伝えしました。
ページを上手く活用することは求職者に効率よくアプローチができます、
さらに面談率や採用もアップさせることができます。

しかし、給与や働く時間だけを掲載するだけではないので、求人や働く環境について見直す必要も出てきます。
ただし、A社からもコメントをいただいたのですが、
「求人ページを作ることが会社の求人に関することを明確にするチャンスである」と
考える会社もいらっしゃいます。

そんな時は、求人ページをサポートしている会社に相談してみるのも方法のひとつです。
まずは、会社の求人についての詳細を含めたページを作ってみる!と決めることから始めてみませんか。

 

*********************************************

サマンサハートでは、求人募集に関するマーケティングのサポートを行っています。
また、企業が求人募集をスタートする時のプロモーションを体系化して、
求人に関する社内活動をプロジェクトにすることも含めてサポートいたします。
求人募集活動のコンテンツ「求人マーケティング」
是非お気軽にお申込みくださいマセ。

 


【出張講座】展示会・オンライン展示会出展を戦略的に行うための講座、開催中

サマンサハートお問い合わせ電話メール

 

関連記事

  1. もう価格競争に巻き込まれない!自社ブランドを創出するために使いたいマー…

  2. 自社の技術を客観的に見て、視点を変えて開発を行うという考え方

    競合に顧客がドンドン流れている時の解決策

  3. 新たな事業へ向けて集客ツールとして重要なBtoB企業のためのセミナーマーケティング

    セミナーをフロント商品にするためのBtoB企業の戦略

  4. あなたの提案に仕掛けはありますか?提案営業の秘密

  5. イベント集客も仕組みになっていて製造ラインのように次に何をするのかが決まっている

    イベントの集客ヒント「やるべきことのグループ分け」

  6. 求人(リクルート)戦略を立案した企業の変化

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ