妥協した求人募集は相手にばれる

給与と同等に自分がここで働く価値があるのかを求めている

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

以前は
・まあ、きてくれたからいいか
・まずは、採用しないとわからないから
と妥協して採用を決定していた建築関係のA社様。

求人募集のマーケティングプログラムを実施し、求人活動を変更することで
欲しかった人員を増やすことに成功している会社様です。

代表は常に求人にして客観視できるため、欲しかった採用をすることができるようになりました。
その客観視とは、妥協しないところを明確にしたことです。

欲しい人材を会社が求めるいい人、としました。
性格がいいのではなく、仕事についての基準を決めたのです。
仕事の基準とは、会社のマニュアルです。
社員の基本的な仕事の内容を決定しました。
この仕事ができる人を採用すると決めたのです。

給与と同等に自分がここで働く価値があるのかを求めている

会社様に求人募集のマーケテイング活動についてお聞きすると、
求人の経費がかかり負担が大きいことが問題とされます。
確かに求人の経費は抑えますが、仕事を頼むことができない人を採用する方が
その後の経費負担を大きくする、と私は社労士さんから何度もお聞きしています。

求職者が求めているのが、給与と同等に自分がここで働く価値があるのか、という点です。

そこで求人募集のマーケティングプログラムでは、会社にはこんな風に働いてほしいよと
明確にできるコンテンツ作りが重要としています。

会社の欲しい求人を明確にする、というマーケテイング活動です。
これからの採用をマーケティングプログラムで構築し、求人募集を成功させてみませんか?

 


最近はリモート面接も増えてきました。
また、ハローワークへの求人募集を掲載するだけではなく、
自社サイトでの告知の方法を工夫している企業が増えています。
これからの企業の求人と採用を円滑に行い、欲しい人材を獲得できるように
求人マーケティングの軸と活動スケジュールディレクションを行っています。

サマンサハートお問い合わせ電話メール

関連記事

  1. 会社や製品が知られるようにする広報

    メディアの2つの視点とその一つが企業に直接役立つことについて

  2. 技術力以外で顧客の心を動かせるもの

  3. ビジネスへの動画活用をやってみた件【youtube】

  4. マーケットの絞り込みで社員が自ら動き戦略を立案した企業様の事例

  5. BtoB企業の場合リピーター対応と新規顧客対応の両輪を回していく

    展示会後のアフターフォローはこれが最強

  6. 提案の重要性が増した今こそ、「提案力」を高める活動を社内で進める

    今必要な「提案力」を身に付け、NGと言われない戦略を提案するには?

参加受付中のセミナーのご案内

協力会社との関係構築

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ