卸売業セールスが「受注される」顧客を作る方法

キャンペーンは最も効果的な集客&売上アップの一つ

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

卸売業の軸はセールス。
最近、それが変化してきていますよね。
先日サポート企業様との話の中で「自分はセールスだが、コンサルのように顧客のサポートをしている」
と、日々の活動について話していました。

これって、確実にセールスの場面で提案営業を行っていますよね。
今まで、セールスが顧客との関係の軸だった卸売り業者様は今、大きくセールスについて変革を行っています。
変革しているのは提案で、その戦略のテーマが、「目的」です。

卸売業もセールスとマーケティングを分ける戦略を取る時代。
マーケテイングはその社内でセールス以外が行うこととなりますが、戦略として「目的」を持った提案を行っている企業A社様がいらっしゃいます。
A社様は卸売関係企業様。
得意先に提案営業を行う際に「再度目的の確認」をするとお話しくださいます。
A社のサイトやメルマガなどで、集客を行い、セールスが訪問。
そのさいに、提案営業を行っているというのです。

キャンペーンは最も効果的な集客&売上アップの一つ

卸売り業社は、顧客に商品を納品する仕事ですが、そこから売れるように情報発信やキャンペーンのお手伝いなどのサポートも行うのがA社です。

関連記事;セールス依存からBtoB企業が抜け出るという提案書の活用方法

そのサポート活動の中でセールスが提案をしています。
納品するだけではなく、提案もしている。

卸売り業セールスとしてはたくさん買ってもらうために、

・集客ができない

・商品が売れない

といった顧客の悩みに対応しています。このなやみの解決は、

・しっかりと集客する

・ちゃんと商品を紹介する

を顧客が行うことです。

関連記事;営業に頼らず、自社の製品力で自動で売上を上げる仕組み

「簡単なこと!」と思われるかもしれません。
ですが、顧客が売る時は、売れるかどうかが大きな壁。
その壁を乗り越えるようにサポートするのがセールスの役目だと私は思っています。
それを実践しているのが提案セールスのA社様です。

 


今の時代は、提案の中にイノベーションが必要であり、イノベーションを起こすにはマーケティングか必要となります。
いかに提案を見える図にし、セールスが活動できるようにマーケテイング活動をするかは、オンライン時代の肝と言えるでしょう。

企画=知恵やソフトのシステムづくり資料
相手を動かす提案書作成戦略セミナー資料』

ブログ記事
オンライン化で変わる新たな「企画」の活用法

 

 

サマンサハートお問い合わせ電話メール

 

 

 

関連記事

  1. 実践であるマーケティングとセールスの環境を展示会で作る

    オンライン展示会と企業ステージの関係

  2. 自社の常識に縛られていていたら分からなかった真空マーケット

    サマンサハートが考えるマーケティングの4つの成果<その2>

  3. これって戦略アずれていて戦術だけが目立ちなかなか売り上げを上げることができないパターン

    BtoB企業から「SNSでクチコミを発生させて欲しい」と言われた事例

  4. 見込み客&潜在顧客を会社全体で集め問い合わせのあった顧客を営業に渡す

    集客が強い会社になることができる

  5. 選び方を伝えることで選ばれる確率は上がっていきます

    製品を探している企業へ「自社を選ぶといいよ」と選び方を伝える

  6. 事業領域が明確にあることでビジネスモデルが生み出される

    事業の範囲決定(=事業領域)と戦略立案について

無料メルマガ配信中

資料DownLoadまとめページ

マーケティング実践&活用お役だち資料まとめ【DownLoad】

月別アーカイブ