展示会のマーケティング戦略でペーパーアイテムが効果的な理由

パンフレットは企業のブランドを伝える役目も

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

どんなツールを使うか作戦が必要

顧客拡大を目的として、広告を出している企業様がいらっしゃいます。
ですが「認知度がなかなか上がらない」という悩みを抱える代表も多いと思います。

ペーパーアイテム→Web媒体が全盛の時代だからこそ、どんなツールを使うか作戦が必要となります。

展示会マーケティングでは戦略としてペーパーアイテムとWeb媒体の連動が効果的と考えます。
そこで、展示会ならではのペーパーアイテムとWeb媒体の具体的なマーケティング戦略をご紹介させてください。

展示会会場で重視されるペーパーアイテム

展示会会場でリアルにお会いした時の商談へつなげる、効果的なアイテムはペーパーアイテムです。
ペーパーアイテムがマーケティング活動で大きく効果を与えることは見逃せません。
パンフレット、リーフレット、招待状、名刺、フリーペーパー、ハンティングチラシなど。

・企業のブランドを紙面で表現する

ホームページと違いスクロールしないで全体を把握できる利点があります。
企業が行う事業やサービスに関するパンフレットを揃えることで、そのまま会社を理解してもらい商談に積んげることができます。
パンフレットは企業のブランドを伝える役目も果たします。
それは、同業他社との差別化を図ることも含みます。

関連記事;展示会会場で担当者に必須なトークスクリプトをご存知ですか? 基本的なことと全体構成

・ペーパーアイテムは信頼度が高い

展示会会場で相手とコンタクトを取るためには、その場で会社の存在を理解してもらう必要があります。
そのため、その場で見せるパンフレットや製品のリーフレットは、誰でも理解がすぐにできるため、信頼度は高くなります。
会場で総合パンフレットなどを見せながら紹介し、そのパンフレットを持ってかえってもらうことは効果的です。

・情報量が多い

総合パンフレットとなるとページ数も増えてきます。
また、紙面を作成する段階ではパンフレット作成に対し「どのように企業を見せたいのか」テーマを持って作っていきます。
そのため、情報量も多く、信頼につながる内容を含むパンフレット制作となります。
展示会会場でWeb系企業様がペーパーアイテムを活用することからも重要性が分かります。
Web上の情報とペーパーアイテムの情報は視点の違うものだということです。

パンフレットは企業のブランドを伝える役目も

・その場だけのお客で終わらない

パンフレットは情報量が多いため見てもらう回数が多いほど、顧客の印象が強くなっていきます。
顧客からの信頼を得る他にも、会社へ持ち帰ってもらうことができるため、問い合わせの確立を高めるという効果が期待できます。
ペーパーアイテムは何度も読み返してもらう確率が高いからです。
見込み客を問い合わせや注文に繋げるのは、マーケティングにおいて重要な目的です。
見ただけで終わらず、効率的に顧客へと変えることができるのはペーパーアイテムのメリットです。

関連記事;BtoB企業の展示会出展案内DMの出し方について

まとめ

持って触れるアイテムは、展示会場では出展者の武器となります。
今や展示会出展は事前告知をWebで行うのが重要。
その不足する情報を補う点も含め、認知度を会場でさらにアップさせる点においても、ペーパーアイテムのニーズが根強くある証拠といえると考えています。

 


プロデュースマーケティング・プロモーション支援サービスをご提供しています。
企業の「顧客を増やしたい」「自社や製品を知らせたい」ときのあらゆるマーケティング活動を提供するのがわたしたちの仕事です。
弊社は汎用性のあるマーケティングプログラム(実践結果付)を持っています。
そのプログラムを軸として事業構築と共有できる企画書を作成するマーケティングプロデューサーとして、事業を企業と共に進めます。

 

 

 

 

明日から使える!実践型マーケティングメルマガ配信

サマンサハートお問い合わせ電話メール

関連記事

  1. マーケティング戦略とは基本相手に伝えることができるようにするstepから

    図式で「売上」を作る、最新マーケティング戦略について

  2. コミュニケーションをどのようにとっていくかを設計して行く

    コンサルシートをリニューアルしました

  3. 会議でのコミュニケーションって、当たり前じゃないかと思われがちですが、 意外と社内、社員間の改革のpoint

    書く社内コミュニケーション戦略

  4. 戦略立案と仮説のある戦略立案との違い

  5. 合同企業ガイダンスってこんな感じでした

  6. 事業を進めるならこの仕事でどのように工夫をしたらいいのかを考えてほしい

    社員のだれもがマーケティングを仕事で習慣化して使えるようになる理由

参加申込受付中のセミナー

無料メルマガ配信中

資料DownLoadまとめページ

マーケティング実践&活用お役だち資料まとめ【DownLoad】

月別アーカイブ