BtoB企業の展示会出展案内DMの出し方について

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

展示会のサポートが続いていますが、東京の大きな展示会に出展するA社様は準備の真っ最中。
展示会主催者から、展示会チラシの枚数発注の連絡が来たとのこと。
このチラシを送ることはマーケティング活動の中でも重要な、認知拡大のチャンスです。

でも、DMは送るというだけではなく、どのような顧客からどのような認知を獲得するのかも大切なこと。
展示会では、来店客に自社の顧客になってもらうのは本来の目的ですから。
単にDMを発送するだけではなく、自社の成果につながる活動を行うこととなります。

A社様は、初めての出展のためDM発送のチラシ枚数にも明確な視点を持つ必要がありました。
展示会では
・自社を知ってもらう
・つながりのある顧客を獲得する
・商談につなげる
・商談を進める訪問先を獲得する
などいくつかの目的があり、その目的に合わせたDMの発送が重要なポイントです。

目的でお話しましたが別な視点では、知っている顧客にDMを出すのか、全く会社を知らない顧客にDMを出すのか、ターゲットの違いを視点に持つことでDM発送は大きく変化します。
今回、A社様は、DMの発送に関してターゲットを2つにしました。
1、展示会に出展すると連絡したら、来場してくれるであろう現在の得意先。
2、名刺を交換したことのある会社。
そこで、2の顧客に対して、名刺の整理をはじめてDM発送の名簿作りを始めました。

名簿ができ上がると、展示会から送られてきたチラシと共に同封する手紙作りをします。
1の顧客と2の顧客は、同封する手紙の内容は別なものです。
さらに、封筒にも2の名刺交換を会社に対しての手書きメモを書きます。

詳細が見えてくると、さらに顧客へのアピールもスムーズになってきますね!

 


 

サマンサハートお問い合わせ電話メール

 

 

関連記事

  1. 集客は身内からスタート!そのポイントについて

  2. 展示会がBtoB企業の顧客拡大に繋がる一連の活動とは

  3. 活躍している方々の「企画とプレゼンのチカラ」をアップさせる

    企画立案の裏の動き

  4. 企業が自社のこれからをテーマとして見つけていくためにもリサーチは活用

    「共感できないと集客ムリ」といわれた?アンケートは社員からも集めよう

  5. BtoB企業の工場見学や研修会で集客する方法を紹介

    BtoB企業が工場見学や研修会で見込み客から問い合わせを増やす仕掛け

  6. 成果を早く出したい時は顧客とどのようにつながるのかを考える

    知ればお得!3つのマーケティング活用イメージ

参加申込受付中のセミナー

無料メルマガ配信中

資料DownLoadまとめページ

マーケティング実践&活用お役だち資料まとめ【DownLoad】

月別アーカイブ