展示会で紙媒体とデジタルツールでは、受け取り側は使う場面が違っていた

パンフレット(=紙)なのかまたはデジタルツール(=オンライン)なのか

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

紙の重要性はやはり、文字を相手に受け取ってもらえることですよね。
昨日は3件のオンラインミーティングで重要な案件を頂きました。
これからのマーケティング活動とイベント活用にワクワクしています。
そこでも重要だったのは図にしたものをどのように見せるのかということ。
クライアント企業様は自社に合う製品&サービスなのかどうなのかを、想像しながら図を見てくださいます。
マーケティングの視点では、顧客が欲している情報をどのような媒体を使って提供できるかって重要ですもんね!

ということで、図を見てもらいながらミーティングを進めたのですが、展示会ならパンフレットやデジタルツールを見てもらうこととなります。
そして展示会の場合になると、製品やサービスを想像してもらう際に、パンフレット(=紙)なのかまたはデジタルツール(=オンライン)なのかによって場面も脳の働かせ方も違うんです。

展示会会場でのパンフレットの場合

見てもらう場面はもちろん会場です。
紙のパンフレットを読む場合、
・人から人へ渡される
・ページをめくりながら文章を読む
・文字を見ながら説明を聞く
・レイアウトや書体などから企業のブランドやイメージを無意識にインプットしていく

紙のパンフレットを見るってことは、展示会で「五感」を働かせて内容を理解していくこととなります。
パンフレットを触っていることも含まれます。
また、その顧客の事業の展開と結び付けやすくなることも確かです。

また、五感を使っての紙媒体のツールは後で展示会会場での場面もよみがえらせます。
そのパンフレットを見ると「どこまで読んだか、その時どんな情報を習得したか」という記憶を顧客がすぐに辿ることができます。

展示会開催前のデジタルツールの場合

展示会でのデジタルツールは打ち合わせや商談などに進む前の事前の段階です。
予備知識や基本的に知ってもらうと助かることについて展示会前から情報を顧客に渡すことができます。

デジタルツールそのものがPCなどを通して見るもののため、紙の手触りといった情報を得ることができません。
なので、youtubeなどの動画も使われるようになってきているのだと思います。

そして、基本となる製品や企業情報を事前に顧客に見てもらう点でも、デジタルツールは何度も見てもらうことができます。
それは紙媒体と比較した場合ですが、記憶に残りにくいため、繰り返し見ることとなることも含まれます。
何度も見てもらえると考えると、ブラッシュアップし展示会事前準備としていきたいところです。

 


プロデュースマーケティング・プロモーション支援サービスをご提供しています。
企業の「顧客を増やしたい」「自社や製品を知らせたい」ときのあらゆるマーケティング活動を提供するのがわたしたちの仕事です。
弊社は汎用性のあるマーケティングプログラム(実践結果付)を持っています。
そのプログラムを軸として事業構築と共有できる企画書を作成するマーケティングプロデューサーとして、事業を企業と共に進めます。

 

 

 

 

明日から使える!実践型マーケティングメルマガ配信

サマンサハートお問い合わせ電話メール

関連記事

  1. 戦略には企業のこれからを考える時の解決ポイントも含まれている

    BtoB企業は製品力を何で表現することが顧客創造につながるのか

  2. ドメイン(事業領域)決定時の判断基準には名刺を整理することでできる

    BtoB企業の展示会出展後の裏ワザ

  3. もしくは、展示会ブース内で紹介する企画を立ち上げる

    展示会の見込み客集めを失敗しない! 顧客増実践のための5つのステップ

  4. 社員のある行動によりミーティングで起こる現象

  5. 近況報告

  6. 新潟県内で当社だけの「マーケティング解析」、どんなメリットがあるの?

参加受付中のセミナーのご案内

協力会社との関係構築

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ