企画マーケティングがイメージ戦略の流れをつかみ、成功へ導く

届けたい製品情報を、ターゲット顧客へ正確に伝える

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

企画マーケティングは、顧客増での展開のために活用されることがほとんどです。
SNSでの情報発信とメディアで取り上げられる時も企画マーケティングは活用されます。
さらにテレビなどメディアで取り上げられれば、想定よりも遥かに大きな成果を上げることができます。
それは、1回だけ取り上げられる場合と、いくつかのメディアに取り上げられる場合があります。
どんなターゲットに、どのようなイメージを打ち出していくかを決めていた企業が、メディアを活用して成果を上げています。

成果を上げることのできる企業は「イメージ戦略」を考えている場合がほとんど。

単に、プレスリリースを打つのではなく企画マーケティングを活用しイメージ戦略を立案し、展開しているのです。
その方が、よりメディアに取り上げられる確率が高くなります。

届けたい製品情報を、ターゲット顧客へ正確に伝える

イメージ戦略を企業が構築した場合、使用されるツールはSNS。
プレスリリースよりも先に、イメージ戦略としてSNSを使っているのです。

SNSを使ったイメージ戦略とは、自社サイトへの誘導です。
一番詳しく、そしてわかりやすく情報を伝えることができるサイトに誘導することは顧客にとっても、打ち合わせ前に有効な行動です。
なので企業は自社サイトに、「届けたい製品情報を、ターゲット顧客へ正確に伝える」目的で情報を掲載しておくことが重要です。
また、その情報は最新情報として企業の動きを掲載しておくことも重要です。
顧客を拡大する目的のある企業にとっては、こうした企業情報を自社サイトに掲載してSNSでリンクすることが企画マーケティングの実践となります。

企業のサイトでは製品を詳しく分かるページをアップしておいて、イメージ戦略としてSNSを使う際には、さまざまなバリエーションの文章を考えていきます。
例えば製品の機能が5項目に分かれている場合、「なぜその製品が顧客に使用され続けているのか」その理由を説明します。
さらに、開発の苦労話や製造過程を説明します。
社員のその時も気持ちなどは、SNSへの情報発信の際のコメントとして入れます。
SNSの情報を見ることで、その時の情景がわかり、リンクされているサイトへ移るとさらに詳しい製品情報がわかる、これにより、顧客は購入前から「なるほど!」と製品を理解してくれることとなります。

 


事例を見ながら、自社の戦略を立案できる勉強会「企画マーケティング塾」。
戦略の事例や実際の企画書の字れを見ながら、自社の戦略を構築することができます。サマンサハートお問い合わせ電話メール

関連記事

  1. データから、リニューアルしたほうがいいのか確認していきます

    お問合せが無いからサイトをリニューアルするのか

  2. 事業再構築補助金に取り組むとマーケティング力が上がる理由

  3. 軸のある動画を企業が求めている理由

    展示会用の動画のコーディネートをご紹介

  4. コンテンツって言葉を辞書から引いてみることが俺らの目的ではない

    コンテンツマーケティングを知っていると便利なこと

  5. SNSで企業から発信した内容が良かったから

    今のBtoB企業がWebマーケティングで欠かせないことは差別化

  6. マーケティング顧客心理段階に合わせた戦術の準備を行う

    顧客が引き寄せられる情報を持ったプロモーション

参加受付中のセミナーのご案内

協力会社との関係構築

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ