戦略立案と仮説のある戦略立案との違い

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

最近、企業にマーケティングが浸透してきているんだと肌で感じています。
実際には、
「戦略を立てたいがどうしたらいいのか」
「戦略立案の手順を知りたい」
とのご質問を頂いていて、
企業さんがマーケティングを理論から“やること”に
変えてきていることからもわかります。

戦略を立てたいと思った方々であれば誰もがマーケティングを想像します。
そしてそのマーケティングは幅広く、いろいろ使える手法があって、面倒だと思われがち。
めんどうだと思っていても、やっぱり戦略に結びつく情報を皆さんが求めています。
ですが、戦略を立案してもなかなか成果に結びついていない・・・
そんな残念な声が上がる企業様もいらっしゃることは確かです。

もちろん、マーケティングの中の一つの手法で
成功をものにしている企業様もいるわけです。
となると、「戦略を立てたいがどうしたらいいのか」と疑問がわいてきます。

ということで、疑問の解決方法として
戦略を立案する際に新しい手法なるものを提案をしています。

その手法とは、戦略を立てた後、
「どう進んでいくのか次の段階に進んだ時を想定していきましょう!」
という提案です。

少し発想の転換が必要だとは感じます(o^∇^o)

同じ戦略立案でも、今までとは違い、製品を売るという戦略から
次に何ができるかやさらに何ができるのか?
と仮説を立てるのが重要。

仮説は、より大きな販売につなげやすくなるからです。

ひとつの戦略から次のビジネスを広げる方法は、
ターゲットの設定も明確で、他の企業にも広がってきています。
私の考えでは、起業家に投資する人が増えている理由は、
業界が変わっても戦略の立案が重要と考える人が増えている。
そして業界を超えて、企業はターゲットを変更してまでも、
新たに第2段の戦略を立ち上げる時代なのだと感じています。

そこには直観が働いていて、今までの戦略立案や実績があったからこそ。
直観と言いましたが、それは今までのデータを元にした戦略立案。

やはり仮説を立て、プロセスを含めた戦略立案が今の時代の手順だと感じています。

関連記事

  1. 集客のお悩みを解決するのはマーケティングを活用して実践すること

    知らない人は損してるなあと思うマーケティングの使い方

  2. BtoB企業から「SNSでクチコミを発生させて欲しい」と言われたが

  3. どのような強みを企業が持っていてどのように顧客に伝えるのかを分析する

    顧客の意思決定基準のとらえ方

  4. 効果的に進めるには社員さんがマーケティングを自動的に活用できること

    「思わず動きたくなる」企画に取り組む流れについて

  5. 情報を企画に当てはめるとかうのみにするのではなくリサーチをする

    戦略立案に必要な裏付けのある情報

  6. BtoB企業の場合リピーター対応と新規顧客対応の両輪を回していく

    展示会後のアフターフォローはこれが最強

セミナー案内

 

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ