卸売企業様が求人募集をしたい時、採用はこの方々が最適

Excel、Word、受注システム、見積もりシステムの経験数

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

私のマーケティング視点からの考えですが、「卸売業の企業様が求人募集したい時は絞り込みしたほうがいい」です。
なぜなら、卸売業は専門業務の種類が多く、仕事を集中して行う時間帯がいくつも存在する場合が多いからです。

なので、どういった業務をしてほしくて求人をするのか、明確にすることで採用結果が変わってきます。
手が足りないから求人を出したとしても、業務内容によって、最低限の知識は必要となります。
明確な業務の内容が分かることで、面接に来る人が持っていてほしい知識がはっきりします。
そして求人募集の詳細にその分野の知識を掲載すると、専門的なコトを知っている人が面接に来ることとなります。

Excel、Word、受注システム、見積もりシステムの経験数

関連記事;求人(リクルート)戦略を立案した企業の変化

でも、知識と言っても事業や業界全般の知識ではありません。
卸売業の場合、営業、営業事務、倉庫管理、商品選定、企画構成など一つの商品で様々な活動を分野に分けて行っています。
営業事務なら営業はできなくても、営業を支える活動についての専門分野の知識が必要となります。
卸売業の利幅を考えると、的確な業務をこなす人が必要であり、スムーズな流れを理解できるる営業事務なら商品の専門的な部分は分からなくても、「今回はこの分類だ」と速やかに理解します。
また、商品の詳細は分からなくても受注の様子を営業に伝える行動を即起こします。

スムーズに出荷され、在庫の回転率を上げるなら営業や営業事務、倉庫管理など行動の連続を受け入れる人材を採用するのが卸売業にとってベストだと卸売り業の求人のでは考えることができます。
そのほうが在庫の回転率の低さによる利益減を解消できるからです。

関連記事;求人募集をスタートする時、どこから手を付けるか

卸売業の良い営業時事務を採用するための6つのポイント
・企業商品パンフレットの読みこみ
・商品分類分けのExcel処理
・特注品とオーダー品の分類分けと受注体制の基本的理解
・オプション注文の問い合わせ対応の基本的流れ
・Excel、Word、受注システム、見積もりシステムの経験数
・わからない時の質問の仕方と回答の仕方の基礎

上記が面接時に確認できるといいです。
そのためのマニュアルとExcelチェック表もあります。
ぜひ、求人活動を明確にして、採用を成功させてください。

 


最近はリモート面接も増えてきました。
また、ハローワークへの求人募集を掲載するだけではなく、自社サイトでの告知の方法尾工夫している企業が増えています。
これからの企業の求人と採用を円滑に行い、欲しい人材を獲得できるように求人マーケティングの軸と活動スケジュールディレクションを行っています。

サマンサハートお問い合わせ電話メール

関連記事

  1. 次の成果につながるためには準備の期間にどのようなミーティングを行ったか

    次の展示会出展までにやるべきミーティングはこれだ

  2. 企業の顧客から見た見方を進化させることで強力なチームを作る

    マーケティングにおける自社分析と集客

  3. 売れる商品がいくつあり、当たり前に売れていくためにできることをいくつ持っているか

    サマンサハートが考えるマーケティングの4つの成果<その3>

  4. samanthaheart.sns-marketing

    BtoB企業がSNS投稿内容を変更し、今後の戦略に活用している事実

  5. 名刺にはいくつかの使い方がある

    BtoB企業代表の名刺の新たな活用視点

  6. 自社をブランディングし競合他社と区別される求人募集を出す

    同業他社との区別される求人のためのマーケテイング活動

無料メルマガ配信中

資料DownLoadまとめページ

マーケティング実践&活用お役だち資料まとめ【DownLoad】

月別アーカイブ