「集客ができる企業」となる環境整備のコツ

プロセスは構築していくことができますし、企業の認知を拡大してくれるモノ

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

マーケティングにおいて、企業の環境整備が重要となってきています。
特にデジタルマーケティングの分野で、です。
いままで手を付けなかったサイトの更新に企業様が取り組んでいます。
その環境整備が、「集客が出来る実力」であり、顧客を集める力。

企業の集客のスタートラインは認知の拡大です。
デジタルマーケティングなら、製品の魅力を活用して自社サイトに訪れる顧客を拡大させる活動
と、なります。

関連記事;自社の新しいマーケティング構築のために

さらにこの活動は、サイトに訪れた顧客を
・自社の存在を知っていてくれる
・いつもサイトに来てくれる
・いつも購入してくれる
という顧客化するまでの育成プロセスも含めています。
プロセスは構築していくことができますし、企業の認知を拡大してくれるモノです。

関連記事;主催者が集客で迷わない4つのヒント

自社の存在を知っていてくれることからはじまる一連のマーケティング活動のきっかけに
製品や技術の魅力を企業が自社の言葉として認識していることが大事になります。

上記内容のための企業の環境整備です。
デジタルマーケティングの分野を整備し広げることで、
数万円の仕事が数十万円に・・・数十万円の事業が、数百万円に・・・上がっていきます。

プロセスは構築していくことができますし、企業の認知を拡大してくれるモノ

このデジタルマーケティングの環境整備をよく理解している企業様が、
やはり短かい期間に集客に成功しています。

 

「見つけてもらえる」マーケティング活動を事業の視野に入れるのは、いかがでしょう。

 


 

関連記事

  1. 成果を早く出したい時は顧客とどのようにつながるのかを考える

    知ればお得!3つのマーケティング活用イメージ

  2. 課題構想と基本方針の2つの分析のため、変更しない点を確認

    BtoB企業が大型企画をやめた理由と代わりに立てた戦略

  3. テーマや方向性、知識に関してもプロジェクトの仕組みを作ることで引き継がれる

    社長が集客をしなくてもいいプロジェクトマーケティング

  4. マーケティング戦略が構築されている企業は、問い合わせが頻繁に来る

    BtoB企業にマーケティング戦略が効果的な最も分かりやすい理由

  5. もっともっと顧客に伝えることができる!

    ネーミングという名のプロモーション

  6. 事業の方向性を明確にできるのは素直に嬉しい

    頭にあることを言語化することは重要事項

協力会社との関係構築

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ