ツールに関する費用対効果

ツールの統括管理者の方はまずは費用対効果の分析から

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

ツールを作成する費用の大半である販促費は約60%を減らしても
売上にはなんの影響もないと言われています。
また、販促費は予算取りされている会社さんも増えてきました。

新しく作られたまた、販売を強化していきたい商品やサービスには
チラシやパンフレットも新しく作成することが多いからです。
そのチラシやパンフレット、WEBも含めツールの費用対効果の管理は後回しにちがちなポイントです。
さらに、作成のための調査や写真などの撮り直しなど細かな雑務というものにも
費用対効果を図る必要があります。

「数字に起こすのが面倒!」との声が聞こえてきそうです。

どのくらいのお問い合わせがあったのか、受注があったのか、
その管理や雑務は自社でシステムになっていないことが一般的だから。

ツールの統括管理者の方はまずは費用対効果の分析から

ですが、この管理や雑務をどのようにするのか明確にして

・手順などシステムにする

・何をやめたのかを管理する

・チラシ枚数と反響があった件数などを一覧表で記録管理を行う

上記のことは管理によって、費用対効果が明確になっていきます。

こうしたツールは社員のみなさん、一番活用する営業マン個々に対して、
自社システム(一番わかりやすいのはエクセルの表)にするだけで売上に反映されてきます。
ツールの統括管理者の方は、まずは費用対効果の分析から。
自社で管理できているチラシであれば、印刷会社への細かな指示も共有でき、よい方向へ流れます。

***********************************************************

▼「集客 記録」関連記事▼

実際にマーケティングって必要なのか?

広告宣伝費を無駄にするのは誰だ!

もっと、「集客 記録」まとめ記事はこちら

サマンサハートお問い合わせ電話メール

 

関連記事

  1. イベント開催後も企業が実践することで、経費節約にもつながる活動

    集客、継続して開催できるラクラクポイント

  2. 高効率を考えていなかったことに大きな落とし穴がある

    高効率なアンケートとは

  3. “目標”を達成できない理由と、必ず達成するために必要なイノベーション

  4. 何が仕事になるのかな?

  5. 今は情報発信が1回ではダメな理由

  6. 顧客のためのセミナーは次のつながりへと進めていくためのツール

    セミナー集客を成功させるちょっとしたコツ(10/10)

月別アーカイブ