企業がニーズとウォンツを分けて戦略を考える時

ニーズとウォンツ、似ているけど違う

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

先日、クライアントさんからいただいた言葉。
「ニーズ、ウォンツ。似てるけど違うんだよねー。」
マーケティングの話も含め、ニーズとウォンツについて楽しく深く話が進みました。

マーケティングでは「ニーズとウォンツ」って、よく使われる言葉です。

ニーズは・・・
何かがない、足りない、必要である状況。
企業は、困っている顧客の現状を知っている状況です。
マーケティングを活用して企画を作り、困っている顧客に提案する場合、
「顧客のニーズに応えるためには、このような方法で改善できる」など
足りない部分を補う戦略を立てます。

それに対して、ウォンツとは・・・
展示会で集客したいなど、これからのことについて望んでいる顧客のことです。
特に企業の場合は具体的な目標などがある場合が多いですが、
なんとなくこうなるといいな、と将来の姿など希望をしている状況も含みます。
同じくマーケティングを活用して企画を作り、未来を作っていく企業に提案する場合、
「顧客のウォンツに応えるためには、このような方法でもっと拡大できる」など
これから先の部分を補う戦略を立てます。

 

ニーズとウォンツ、似ているけど違う

 

先程のクライアント様は、新規事業の販促を考え、
顧客に新しいマーケットを拡大するサービスを提供するために、
顧客のウォンツを理解していたということとなります。

企業が顧客を理解の方法としてリサーチがあります。

顧客のその先の消費者、購入者の購入に至る状況を理解する方法です。
ウォンツをたくさん受け取るリサーチ手法(アンケート調査など)を取り入れ、
細かく細かく顧客心理を分解して考えていくこととしました。

すると顧客のその先の消費者、購入者の困っている姿がみえてきます。
詳細が明確になり、事業のどこを強く告知していくのかがわかってきます。
このクライアント様は新規事業の強みをリサーチから獲得し、キャッチコピーも作りました。
社員もリサーチからヒントを得ることができ、提案書類を作成しました。

イベントの集客展示会の出展企画などを作成できたことで、
代表への企画書類提出も増えていきました。

(当ブログは、2015年11月のブログをリメイクした内容です)

 

**************************************

展示会を名刺交換だけで終わらせません!
成約に繋げる展示会後のプロセスも含めご紹介します!!
8/21開催「展示会を活用した販路開拓セミナー」 のご案内はコチラ

**************************************

 

サマンサハートお問い合わせ電話メール

 

関連記事

  1. 自社の強みをまとめるとコンテンツとしてリスト化できる

    「顧客を獲得できる」確信が持てる作業について

  2. 企画をつくることに“慣れ”なんてない

  3. さらにオンラインでもありリアルな場面もあるハイブリッド型の展示会に移行

    ハイブリッド展示会へ!リアルとオンラインのメリットを解説!

  4. オンラインの商談は行き当たりばったりで進めることは不可能

    BtoB企業がオンライン展示会を躊躇する本当の理由とは?

  5. 顧客獲得の話を聞かせてほしい展示会に出展するから

    「なぜ、展示会に出展するのか」改めて整理した企業の事例

  6. 企業の自主開催のイベントにはお知らせDMが重要!【youtube】

協力会社との関係構築

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ